通訳会社アークはビジネスに強い通訳サービスを提供

通訳のFAQ

通訳のFAQでは、皆さまから寄せられるよくある質問についてお答えしています。初めて日本での通訳をご利用いただくお客様にも、安心してお任せいただけるよう通訳者、スタッフともども努めております。
ご不明な点がございましたら、何なりとお問合せいただければと存じます。

アークコミュニケーションズはどのような特長がある通訳会社ですか?

グローバルビジネスの経験豊富な通訳会社です。弊社の社長がアメリカのビジネススクール出身ということもあり、ビジネス通訳を得意としています。
また、社長をはじめSE経験者が多数おります。IT関連の商談実績が豊富な通訳者をご案内しており、IT企業に高い評価をいただいています。ビジネスの通訳はアークコミュニケーションズにお任せください。

日本語と英語の通訳以外にも対応していますか?

英語と日本の通訳を軸に、中国語、韓国語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語の通訳にも対応しております。3ヶ国語の対応が可能な通訳者もおります。その他の言語についても、一度ご相談ください。

日本以外での通訳もお願いできますか?

アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリア、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、中国、韓国、インドでの通訳手配も行っております。その他の国についても、通訳サービスの提供が可能な場合がございますので、一度ご相談ください。

同時通訳と逐次通訳の違いは?

同時通訳では、話し手の発言とほぼ同時に通訳を行うため、話し手は通訳を意識せずに話しができます。通訳者には高度な技術と集中力が必要です。
逐次通訳では、話し手が一区切りの発言をした後で通訳者がその部分を訳します。所要時間は約2倍と長くかかりますが、より正確な通訳が必要な際に有効です。

どうして通訳者の事前準備ため、資料が必要なのですか?

通訳者は語学に関しては十分な実力を持っていますが、ご依頼いただいた通訳の内容に関しては発言者や参加者ほど知識があるわけではありません。事前に資料の読み込みをすることで、通訳者はビジネスの背景・目的を理解し、パフォーマンスを最大限発揮できるようになります。お手数ですがご協力をお願いいたします。通訳の仕事の7割は準備とも言われ、事前準備が成功の鍵を握っています。

通訳者は一人ではないのでしょうか?

一定のパフォーマンスを維持するため、一人の通訳者が対応できる時間には限りがあります。具体的には

  • 同時通訳の場合、実働時間が3時間以内なら2名にて、3時間を超える場合には3名以上にて対応させていただきます。
  • 逐次通訳の場合、半日以内の通訳は1名にて、1日の通訳は2名以上にて対応させていただきます。
  • ウィスパリング通訳の場合、実働時間が2時間以内なら1名にて、2時間を超える場合には2名以上にて対応させていただきます。

詳細はお問合せいただいた内容に合わせてお見積差し上げます。

通訳の予約はどれくらい前に行った方がよいですか?

人気の高い通訳者ほど早くからスケジュールが埋まります。また特殊な分野の通訳ですとその分野に長けている通訳者の数も限られます。ご希望のスケジュールが決まりましたらお早めにお問合せいただければと思います。

明日の通訳をお願いしたいのですが対応可能でしょうか?

緊急のご依頼もできる限り対応させていただきます。お急ぎの場合は電話でのお問合せをお願いいたします。

キャンセル料はいつから発生しますか?

通訳当日の7営業日前よりキャンセル料が発生します。

依頼後に日程の変更は可能ですか?

可能です。ただし日程の変更もキャンセルと同様に通訳当日の7営業日前よりキャンセル料が発生します。また、スケジュールによっては通訳者をアサインできない場合もあります。

支払い条件はどうなりますか?

通訳終了後に請求書をお送りします。請求書に記載の銀行口座へお支払いをお願いします。
初めてのお取引の場合は、事前入金をお願いしております。

通訳サービスのご相談は通訳会社アークにお任せください

お急ぎの方は
03-5730-6133

ページの先頭へ ▲