「アラビア語」についての言語紹介と翻訳の事例

アラビア語

言語の紹介

アラビア語翻訳

アラビア語は、アラビア半島やアフリカ北部におけるイスラム圏の20カ国以上の公用語で、国際連合の公用語としても指定されています。ネイティブスピーカーの数は世界で2億3,000万人を超えます。

アラビア語の特徴は、文語(フスハー)と口語(アンミーヤ)が異なる点です。イスラム教の聖典「クルアーン(コーラン)」がアラビア語で書かれているため、必然的にフスハー(文語)がアラブ諸国の共通語として、公式の場や新聞、ニュース番組などで使われています。

一方、アンミーヤ(口語)は日常会話で用いられる方言で、イラク、エジプト、モロッコなど国によってかなりの違いが見られます。

アラビア文字は、日本語などと違い右から左に読んだり書いたりします。文字同士を筆記体のように続けて書くため、文節の見極めも難しく感じるでしょう。日本人にとってなじみの薄い言語ですが、実は「キャンディ」「マッサージ」「コットン」などはアラビア語が英語になり、外来語として日本でも使われるようになった言葉です。

世界のみんなに「こんにちは!」「ありがとう!」
مرحبًاこんにちは
شكرًا جزيلありがとうございます

アラビア語翻訳の事例

  • 大手化粧品メーカー:「商品説明書」アラビア語の修正
  • 私立大学:「プログラム資料」英→アラビア
  • 大手化学メーカー:「Webサイト」多言語化(日→アラビア、英、中、仏など8言語)
  • Webサービス会社「グローバルサイト」多言語化(英→アラビア、ロシア、スペイン、ポルトガル)
  • 光学機器メーカー「一般法律文書」アラビア→英
  • 広告代理店「各国拠点の名刺フォーマット」多言語化(英→アラビア、独、仏、中など9言語)
  • 賃貸管理会社「ホテルの館内案内書」日→アラビア
  • 人材紹介会社「Webサイト」多言語化(日→アラビア、英、中、仏など8言語)
  • 印刷会社「カレンダー」多言語化(日→アラビア、英)
  • 広告代理店「プレスリリース」多言語化(英→アラビア、独、仏、ロシア)

その他多数

料金

料金は、原文の文字数(もしくはワード数)、および翻訳言語などによって決まります。DTP作業が必要な場合は別途料金が発生しますので、翻訳料金表をダウンロードしてご確認ください。

お見積りと、お試しで翻訳品質をご確認いただけるトライアル翻訳は無料で承っています。くわしい内容については料金体系と翻訳プロセスをご覧ください。品質に対する理念もあわせてご覧ください。

翻訳サービスのご相談はアークコミュニケーションズにお任せください

お急ぎの方は
03-5730-6133

ページの先頭へ ▲