G社事例:米国本社社長の社員向けメッセージやプレスリリースの翻訳と配信サポート

短納期のプレスリリース作成とその通知(G社事例)

課題

外資系G社では、米国本社社長の社員向けメッセージや本社発行のプレスリリースなどを迅速に日本語に翻訳し、日本人社員や外部に向けて提供したいというニーズがありました。

アークコミュニケーションズの解決策

そこでアークコミュニケーションズは、米国本社が日本時間の夜(米国時間の昼)に発表した資料を、ネットワークを通して早朝に受領、午前中に納品するというサービスを提供することにしました。専任の翻訳者をアサインすることで、常に高品質の翻訳を提供し、お客様から高い評価を得ています。さらに、出来上がったプレスリリースをG社指定先へファックスする代行発信も行っています。

短納期のプレスリリース作成とその通知

翻訳サービスのご相談はアークコミュニケーションズにお任せください

お急ぎの方は
03-5730-6133

ページの先頭へ ▲