D社事例:SOX法対応に関する大量の報告書の短期間での翻訳と通訳派遣

企業改革法(SOX404)対策のための翻訳・通訳支援(D社事例)

課題

エンロン問題を契機に策定された企業改革法(SOX404)対策のため、D社は急遽、米国本社に社内プロセスを英語で報告する必要に迫られました。このために作成した日本語文書は2000ページにも及ぶうえ、早急に英語に翻訳しなければなりません。

アークコミュニケーションズの解決策

そこでアークコミュニケーションズでは、短期間のうちに、まず対応可能な翻訳者とDTPオペレーターを二十数名確保し、次に用語集の作成と文書内容解析を実施し、ツールを活用しながら翻訳作業を行いました。これにより、短い納期ながらも、お客様の満足する品質レベルをキープできました。

また、D社ではその後、提出したプロセス通りに業務が実際に運用されているか、米国本社からの監査が行われることになりました。その際に、複数の監査人と多数の社員とのインタビューがスムーズに遂行できるように、会議をリードできる複数名の通訳者兼翻訳者をアークコミュニケーションズが派遣しました。

翻訳サービスのご相談はアークコミュニケーションズにお任せください

お急ぎの方は
03-5730-6133

ページの先頭へ ▲