翻訳サービス、Web制作、人材派遣ならアークコミュニケーションズ

独自の用語集や各分野に特化した翻訳者により高品質・短納期でご提供

会議資料(翻訳サービス)

翻訳者を固定して貴社独自の用語に対応

海外のお客さまとの打ち合わせなどで、英語版の会議資料が必要な場合があります。また、社内会議や外部との打ち合わせでも、参加者に外国人社員が含まれることが増え、資料の英語化が望まれる機会が増加しています。

決算関連報告書や来期以降の展望など、会議資料には専門用語や略語が多用されます。アークコミュニケーションズでは、各分野に特化した翻訳者が対応いたします。また、その会社でしか使われないような社内用語もあります。お客さまごとに用語集を作成・管理し、翻訳者を固定するなど、お客様特有の用語へのご対応もしています。

会議資料翻訳の事例・実績

  • 製薬メーカー:「役員会資料」の日英翻訳
  • 食品メーカー:「企業方針会議資料」の日英翻訳
  • 調査会社:「調査報告資料」の日英翻訳、英日翻訳

翻訳のプロセスについて

一次翻訳から納品までの一般的な翻訳プロセスをご紹介します。

(1)一次翻訳

一次翻訳は、弊社の厳しいトライアルに合格したネイティブ翻訳者が行います(内容によっては日本人翻訳者が担当することがあります)。そのため、文章表現そのものを滑らかで高品質にすることができます。

(2)翻訳チェック(別の翻訳者による全文突き合わせチェック)

一次翻訳と同様に、弊社のトライアルに合格し各専門分野に長けた翻訳者がチェッカーとなり、全文の突き合わせチェック(校正)を行います。この工程で、翻訳もれや、原文の解釈ミス、翻訳ミス、数字・固有名詞の間違いがないかを確認します。別の視点から校正を行うことで、さらに品質を向上させます。

(3)翻訳見直し(一次翻訳者による全文見直し)

校正結果を一次翻訳者へフィードバックして、文章全体の表現などを最適に調整します。

(4)最終チェック

「お客さまの要求を満たしているか」を基準に、品質保証部やプロジェクトマネージャーが社内でQAを実施します。

(5)納品

なお、社内用途や下訳でよい場合は「ドラフト翻訳」もご用意しています。この場合は、一次翻訳したのちに納品します。(2)(3)のチェック工程を割愛するため、通常プロセスと同等な品質ではないことを予めご了承ください。納品後にチェック作業などが必要な場合は、追加料金をいただく場合があります。

料金について

料金は、原文の文字数/ワード数、および、翻訳言語の文字数/ワード数による「ボリュームディスカウント」や、「ミニマムチャージ(最低料金)」、短納期をご希望の際の「ラッシュチャージ(特急料金)」などで決まります。DTP作業が必要な場合は、別途料金が発生します。
詳しくは翻訳料金表をダウンロードしてご確認ください。

>>>翻訳料金表ダウンロードお申し込みフォーム

お見積り、トライアル翻訳は「無料」

お見積りは無料です。
原稿が完成している場合には、お送りいただいた原稿ファイルを基に、原則、2営業日以内に費用や納期などをご提案させていただきます。原稿が作成中の場合は、完成後の想定分量(ファイル形式、ページ数など)を基にご提案します。

また、「お試し」で翻訳品質をご確認いただけるトライアル翻訳も無料で承っていますので、ぜひ一度、アークコミュニケーションズの高品質をその目でお確かめください。日英翻訳の場合には原文400 文字程度、英日翻訳の場合は原文300 ワード程度まで対応させていただきます。
詳しい内容については、下記のフォームあるいはお電話でお問い合わせください。

会議資料の関連サービス

経営企画・経理・財務・総務の翻訳サービス

翻訳品質を上げる7つのルール
出版翻訳
44言語グローバルサイト
このページの先頭に戻る