豊富なサイト構築ノウハウをもって御社のグローバルなビジネスをサポート

ホームページ翻訳

ホームページ翻訳

グローバル化の波が押し寄せる今、英語、中国語、韓国語など、多言語サイトはますますその重要性を増しています。

安易に現在のホームページの内容を直訳し、それを海外向けサイトと称して公開していませんか? もしかしたら、ただそれだけで会社の信用を失っているかもしれません。

多言語サイトは世界に向けた御社の窓口です。ビジネスチャンスを得るも失うも翻訳次第と言えるでしょう。

アークコミュニケーションズでは、自信を持って御社のグローバルなビジネスをサポートいたします。
以下に、アークコミュニケーションズが培ってきた海外向けサイト制作のノウハウの一部をご紹介します。

日本語サイトをそのまま翻訳してはいけない!

「日本語サイトがあるのだから、ただそれを翻訳して、英語サイトや中国語サイトなど多言語サイトに展開すればいい」……こんな風にお考えではありませんか?

しかし、そこには大きな落とし穴があります。

日本語サイトの文章は、あくまで日本国内をターゲットにしたものです。海外向けに書き直すべき部分は意外に多くあります。たとえば簡単なことですが、電話番号に国番号を、住所に「Japan」を書き足すことや、御社の地図に空港からのアクセス情報を載せることが必要かもしれません。

企業のメッセージが伝わる翻訳に仕上げるには?

ホームページは会社の顔です。
日本語サイトにあるさまざまなメッセージをそのまま逐語訳的に翻訳しても、英語として通じないことが多々あります。

アークコミュニケーションズでは、ネイティブ翻訳者が翻訳するため、自然な英文に仕上がるのはもちろん、コーディネータがお客様の会社の社員になったつもりで制作にあたります。企業のブランドイメージをつかみ、業界用語や企業が好む表現などを最大限に駆使します。

HTMLには、読み手の見えないところに重要な翻訳箇所がある!

「METAタグ」というHTML要素をご存知ですか?

実はホームページを形成しているHTML(HyperText Markup Language)には、画面に表示されない隠れた文字がたくさん埋め込まれています。

その代表的なものに、METAタグ属性の「title」「description」「keywords」などがあります。これらは画面上に表示されませんが、Googleなどの検索エンジンが、サイトの評価や検索結果表示順の決定に利用しています。これらが正しく翻訳されていないと、検索順が下位になったり、検索結果に思わぬ表示が現れたりします。

ホームページの翻訳見積に、こうした「裏の部分」の翻訳料が抜けている場合がありますので、ご注意が必要です。

ツールを駆使する!

ホームページには、繰り返し使われる表現がたくさんあります。

アークコミュニケーションズは、翻訳支援ソフトを活用することで、重複箇所は一括翻訳し、用語の統一にも勤めています。さらに、自動翻訳時にHTMLタグの表記を損ねていないか等のチェックにもツールを利用しています。

こうしたことが均質な高い翻訳品質の維持に役立ち、さらに翻訳コストの低減にもつながります。

ホームページ翻訳に関連するサービス

英語サイト評価サービス

「まずは現状把握から」というお客様は、是非一度ご利用ください

外国語サイト翻訳を多く手がけるアークコミュニケーションズでは、こういったノウハウが蓄積されています。⇒ お気軽にご相談ください。

広報・マーケティング分野の翻訳サービス

翻訳サービスのご相談はアークコミュニケーションズにお任せください

お急ぎの方は
03-5730-6133

ページの先頭へ ▲