「イタリア語」についての言語紹介と翻訳の事例

イタリア語

言語の紹介

イタリア語翻訳

イタリア語は、イタリア、スイスなどの公用語ですが、使用される地域は、ヨーロッパ各地、南北アメリカ大陸、アフリカ大陸、オーストラリアなど世界各地に点在しています。ネイティブスピーカーは6千万人ほどいます。

インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属し、フランス語、スペイン語、ポルトガル語などと同じ「俗ラテン語」から分岐しているため、これらの言語と共通点が多く見られます。(俗ラテン語から分岐した言語を「ロマンス諸語」と呼びます)

一方で、イタリア語はほかのロマンス諸語と比べ、言語が成立した13世紀以降、大きな変化を受けず長くその姿を保っているという特徴がみられます。

これは、ラテン語がイタリア半島で起こったローマ帝国やキリスト教(カトリック)の公用語としてヨーロッパ各地に広がり、公文書および学術書物の言語としても長く使われてきたこと。さらには、ルネサンスの先駆者だった詩人ダンテ・アリギエーリが、ラテン語の一方言であるトスカーナ方言を使って「神曲」を書いたことでイタリア語が成立し、現在に至るまで、絵画や哲学、建築、音楽などの芸術・文化をイタリアがリードしてきたことなどに由来します。

現在も、芸術やファッションなどの分野でイタリア語が浸透しています。身近なところでは、サッカーのチーム名称に使われる「verdi(ヴェルディ)」「gamba(ガンバ)」「bel mare(ベルマーレ)」、アメリカの大手コーヒーチェーンのサイズ表記「grande(グランデ)」もイタリア語です。

世界のみんなに「こんにちは!」「ありがとう!」
Buongiornoこんにちは
Grazieありがとうございます

イタリア語翻訳の事例

  • 大手医療品メーカー:「冊子」英→伊
  • デザイン会社:「入稿指示書」日→伊
  • 大手化粧品メーカー:「商品カタログ」多言語化(英→伊、西、独など4言語)
  • コンサルティング会社:「社内資料」多言語化(英→伊、西、独)
  • 大手音楽プロダクション:「アンケート」多言語化(日→伊、西、露など5言語)
  • 産業機器メーカー:「グローバルサイト」多言語化(日→伊、英、中など7言語)
  • 特別民間法人:「会議用資料」英→伊
  • 大手出版社:「観光ガイドマップ」多言語化(日→伊、英、中など8言語)
  • 不動産関連会社:「バイヤー向けパンフレット」日→伊
  • 広告代理店:「Webサイト」英→伊

その他多数

料金

料金は、原文の文字数(もしくはワード数)、および翻訳言語などによって決まります。DTP作業が必要な場合は別途料金が発生しますので、翻訳料金表をダウンロードしてご確認ください。

お見積りと、お試しで翻訳品質をご確認いただけるトライアル翻訳は無料で承っています。くわしい内容については料金体系と翻訳プロセスをご覧ください。品質に対する理念もあわせてご覧ください。

翻訳サービスのご相談はアークコミュニケーションズにお任せください

お急ぎの方は
03-5730-6133

ページの先頭へ ▲