翻訳サービスの料金体系と翻訳プロセス

料金体系と翻訳プロセス

料金体系

料金は、原文の文字数(もしくはワード数)および翻訳言語を基本に、原稿のボリューム(文字数/ワード数)による「ボリュームディスカウント」や「ミニマムチャージ(最低料金)」、短納期のご依頼の場合の「ラッシュチャージ(特急料金)」などで決まります。

また、DTP作業が必要な場合は別途料金が発生します。くわしくは翻訳料金表をダウンロードしてご確認ください。

お見積り、トライアル翻訳は「無料」

お見積りは無料です。原稿が完成している場合には、お送りいただいた原稿ファイルを基に、原則、2営業日以内に費用や納期などをご提案させていただきます。原稿が作成中の場合は、完成後の想定分量(ファイル形式、ページ数など)を基にご提案します。

お試しで翻訳品質をご確認いただけるトライアル翻訳も無料で承っていますので、ぜひ一度、アークコミュニケーションズの高品質をその目でお確かめください。日英翻訳の場合には原文400 文字程度、英日翻訳の場合は原文300 ワード程度まで。くわしい内容についてはお問い合わせください。

翻訳プロセス

一次翻訳から納品までの通常の翻訳プロセスをご紹介します。

(1)一次翻訳

一次翻訳は、弊社の厳しいトライアルに合格したネイティブ翻訳者が行います(内容によっては日本人翻訳者が担当することがあります)。そのため、文章表現そのものを滑らかで高品質化することができます。

(2)翻訳チェック(第三者の翻訳者による全文突き合わせチェック)

一次翻訳と同様に、弊社のトライアルに合格し各専門分野に長けた翻訳者がチェッカーとなり、全文の突き合わせチェック(校正)を行います。この工程で、翻訳もれや、原文の解釈ミス、翻訳ミス、数字・固有名詞の間違いがないか確認します。第三者の視点から校正を行うことでさらに品質を向上させます。

(3)翻訳見直し(一次翻訳者による全文見直し)

校正結果を一次翻訳者へフィードバックして、文章全体の表現などを最適に調整します。

(4)最終チェック

お客様の要求を満たしているかを基準に、品質保証部やプロジェクトマネージャーが社内でQAを実施します。

(5)納品
翻訳プロセス

社内用途や下訳でよい場合は「ドラフト翻訳」もございます。この場合、一次翻訳を行った後に納品します。(2)(3)の第三者によるチェック工程を割愛するため、通常プロセスと同等の品質確保が難しいことを予めご了承ください。納品後のチェック作業等が必要な場合は、追加料金をいただく場合がありますのでご注意ください。

品質に対する理念もあわせてご覧ください。

翻訳サービスのご相談はアークコミュニケーションズにお任せください

お急ぎの方は
03-5730-6133

ページの先頭へ ▲