翻訳文の簡単チェック法

バイリンガルじゃなくてもデキる翻訳英語検収

翻訳文の簡単チェック法 はじめに

誰がやるんですか? その検収

翻訳を外注に出したのはいいけれど、出来上がった成果物を検収する業務はとても面倒。

社内に専任のリソースが確保されていれば問題ありませんが、よっぽど大きな企業じゃない限り、そのようなリソースを確保・運営・維持するのは大変難しいことです。仮にリソースがあったとしても、日々の運営負担は大きく、現場も思った通り利用できるとは限りません。

このため、多くの企業では、専任ではなく兼任によるリソースで柔軟に対応しています。また、時によって、そうした人員をゼロから育てる必要があるかもしれません。

実は誰でもできる翻訳文チェック

翻訳物(日→英)のチェックは一見、かなり高いレベルの英語能力を要求されるように思われますが、実はノウハウを利用することによって簡単で効果的にチェックできる方法があるのです。ノウハウを知ることで、誰でも必要十分なレベルでチェックできるようになることを、この一連のシリーズでご紹介していこうと思います。

このシリーズでは、A社の海外営業部で営業事務を担当している竹田さんと一緒に「誰でもできる翻訳英語検収」を学びます。彼女と、彼女の友達でプロの英文チェッカーを生業(なりわい)としている宮本さんとのやり取りから、簡単で効果的な英語検収を実践的に学習していきましょう。

翻訳品質を上げる7つのルール
出版翻訳
44言語グローバルサイト
このページの先頭に戻る