「タイ語」についての言語紹介と翻訳の事例

タイ語

言語の紹介

タイ語翻訳

タイ(タイ王国)は、古くから東西交易の拠点としてインドや中国からの影響を受けてきました。しかし、東南アジアで唯一植民地支配を受けなかったため、独自の文化や言語を保持しています。

タイ国内には多くの日本企業が進出しており、各地に日系企業の工場が建設されているほか、親日家が多く日本製品も人気があります。また、2013年に訪日旅行者に対するビザが免除されたことでタイからの観光客が急増し、主に観光分野などでタイ語への翻訳依頼件数が増加しています。

タイ語の印刷物や資料を作成する際に直面する問題として、「声調記号浮き」と「改行位置のずれ」の2つがあります。

タイ語の文字は母音、子音、声調記号という3つの要素からなり、レイアウトの際に声調記号の位置が正しく配置されず文字バランスが崩れてしまったり、不自然な改行ミスが発生してしまうことがあります。ネイティブ翻訳者が確認するなど、品質チェック体制があると安心です。

世界のみんなに「こんにちは!」「ありがとう!」
สวัสดีこんにちは
ขอบคุณありがとうございます

タイ語翻訳の事例

  • 大手化粧品メーカー:「商品説明とブランドコンセプト」英→タイ、中
  • 大手印刷会社:「商品の著作権に関する資料」タイ→英
  • 大手広告代理店:「商品説明」多言語化(英→タイ、中、韓)
  • ソフトウェア会社:「会議資料」多言語化(英→タイ、韓、中、仏、独、露)
  • 社団法人:「保険制度説明」多言語化(日→タイ、英、中、韓など12言語)
  • 大手飲食業:「レストラン公式Webサイト」多言語化(日→タイ、英、中、韓)
  • 大手機械メーカー:「グローバルサイト」英→タイ
  • 観光リゾート会社:「観光施設Webサイト」多言語化(英→タイ、露)
  • Webマーケティング会社:「訪日外国人向けWebサイト運用など」仏→タイ、日→タイ
  • Web制作会社:「大手メーカー創立記念Webサイト」英→タイ
  • 大手出版社:「旅行ガイドブック」日→タイ/DTP制作
  • 大手旅行会社:「音声ガイド原稿」多言語化(日→タイ、中、マレー、インドネシア)
  • マーケティング会社:「観光PRキャッチコピー」日→タイ
  • 出版社:「観光用小冊子」多言語化(日→タイ、英、中、韓、独など13言語)
  • ウェディング会社:「献立」日→タイ

その他多数

料金

料金は、原文の文字数(もしくはワード数)、および翻訳言語などによって決まります。DTP作業が必要な場合は別途料金が発生しますので、翻訳料金表をダウンロードしてご確認ください。

お見積りと、お試しで翻訳品質をご確認いただけるトライアル翻訳は無料で承っています。くわしい内容については料金体系と翻訳プロセスをご覧ください。品質に対する理念もあわせてご覧ください。

翻訳サービスのご相談はアークコミュニケーションズにお任せください

お急ぎの方は
03-5730-6133

ページの先頭へ ▲