日本語を学ぶ外国人を見習おう 外国語学習のポイントと上達法│翻訳会社ブログ

明確な目的を持って学ぶ外国語

日本語を学ぶ外国人を見習おう 外国語学習のポイントと上達法

外国語と学習

日本語を学ぶ外国人は、アジアを中心に増えています。日本のアニメや漫画、ビジネスなどに強い興味を持ち、日本語がとても上手な外国人もよく見かけます。日本人である私達も、彼らのように外国語ができたらいいなと思いませんか?

外国人とも気後れせずに話せれば、その人の考え方や他国の文化を理解できるようになります。ビジネスであれば、翻訳情報ではない生の情報を取り入れたり、通訳などを通さずに外国人と交渉したりできるでしょう。

外国人は、学ぶ理由や目的を意識しながら上達に励んでいることが多いように見えます。この姿勢を参考にして、日本人もできる、効率的で有効な外国語の学び方を考えてみましょう。

明確な目的、自分の意見を伝える姿勢が重要

外国語を学ぶ場合、はっきりとした目的を持っている人は、上達の速さが違います。日本語の上手な外国人の多くは、日本の文化や歴史などに強い興味を持っています。その一方で、日本人は何となく学んでいることが多いのではないでしょうか。まずは学ぶ目的をはっきりさせましょう。

例えば、「アメリカのマーケティングの最新技術が知りたい」、「外国人に外国語でプレゼンテーションできるようになりたい」など、目的は具体的なものにしましょう。具体的になると意欲も高くなり、学習においても見通しがつけやすくなります。

また、外国語を学ぶということは、外国人とのコミュニケーションを学ぶことです。コミュニケーションは双方向ですから、相手の話を聞くだけでなく、自分の意見を伝える必要があります。意見を伝えることは日本人にとっては難しいことかもしれません。まずは、間違いを恐れずに少しずつでも伝える意識を持つことが重要です。

ネットを活用して語学学習&情報収集

外国語を学ぶ際、プロセスも工夫しましょう。ビジネス目的なら、ビジネス向けの教材を使うことで、外国語だけでなくビジネス関連の用語や言い回しも学べます。せっかくインターネットが使える時代なのですから、音声や動画、ニュースサイトなどもどんどん活用しましょう。文章とは違う、生き生きとした情報を入手できます。

ひとつの例として、ニュースを音声で聞けば、発音の勉強をしつつ情報収集にも役立ちます。動画を見れば、どんな場面でどんな表現を使うのか、どんな表情や身ぶりをしているのかなどがわかります。日常の暮らしぶりから、ビジネスに重要なヒントが得られるかもしれません。海外展開を検討している企業であれば、現地の「生」の情報は役に立つでしょう。

ビジネスにおける、外国語を学ぶ意味とメリット

外国語を学ぶことでどんなメリットがあるかをもう一度考えてみましょう。海外でリサーチするとき、取捨選別された情報ではなく、オリジナルの情報源を参照できれば、広い範囲から正確な情報が手に入れられるでしょう。日本に伝わらない情報をタイムリーにつかめば、ビジネスで優位に立てる可能性もあります。

文化や価値観の違う外国人とコミュニケーションできることで、新しい視点や発想が得られることもあります。外国人と仕事をする時でも、少しでも外国語を話せれば信頼関係を結びやすいという大きな利点もあります。

ローカライズや翻訳の場合、作業はプロに任せることも多いかもしれません。そんな中、ニュースが読める程度でも現地の言葉がわかれば、ターゲットの文化や需要への理解が深まり、仕事がスムーズになるでしょう。外国語は相手を理解するためのツールです。理解が深まれば解決されることも多いはずです。

まとめ

外国語が少しでも解れば、手に入る情報が増えて、翻訳作業にも役に立つでしょう。海外でのマーケティングにおける強力な武器になることもあるでしょう。目的をしっかりと持ち、ターゲットの国や文化、人を理解しようと心がけてみてください。現地の人の視点に立って物事を考えることができれば、思わぬビジネスアイデアが生まれるかもしれません。

お問い合わせ

翻訳サービスについてのお問い合わせはこちら

関連サービス

このページの先頭に戻る