外資系日本法人向けWebサイト制作運用支援サービス「WTC (Web, Translation, and Communication) ワンストップサービス」をスタート

2007年06月12日

Web制作事業と翻訳事業をもつ株式会社アークコミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:大里 真理子)は、外資系に特化したWebサイト制作運用サービスを開始した。

外資系企業の場合、日本法人のサイトを本社がすべてコントロールしていることが多い。この場合、英語でのコミュニケーションが基本になる。しかし、英語対応できるWeb制作会社は非常に少なく、多くの問題が発生している。

  • 社内スタッフが外注のために翻訳するといった作業負荷
  • 間に人が入るため、レスポンスが悪くなり、納期遅れが多発
  • 翻訳などのため、指示内容が不明瞭になり差し戻しが多発し、本社・社内スタッフ・外注先の3者の作業負荷が高くなる、など

そんな外資系企業の問題を解決するために、アークコミュニケーションズでは、翻訳事業を持つ強みを生かし、「WTCワンストップサービス」サービスを開始した。

サービス概要

  • 本社のWeb担当者とメール、および電話による英語対応
  • 海外における英語での研修対応
  • コンテンツの翻訳
  • 本社で構築したCMS等ツールを英語のまま対応
  • 本社が作成した英語のWebガイドラインに対応
  • 本社のサイトのどこが更新されたかをモニターし、日本法人のサイトを更新
  • 本社のリニューアルにあわせた、日本法人サイトのリニューアル作業
  • 日本独自のコンテンツを本社の枠組みの中で実現
    (なお、当面は英語のみでのサービス予定)

すでに個別では数社の実績もあり、今後はパッケージサービスとして展開を始める。アークコミュニケーションズでは、このサービスにより外資系企業のWebサイト制作で2007年度1億円の売り上げをめざす。

本件についてのお問い合わせ先

(株)アークコミュニケーションズ マーケティング・コミュニケーション 佐々木
TEL:03-5730-6133  FAX:03-5730-6134 Email:press@arc-c.jp

株式会社アークコミュニケーションズ 会社概要

所在地: 東京都港区三田3-9-9 森伝ビル7階
代表取締役社長: 大里 真理子
資本金: 1,000万円
設立: 2005年7月15日
事業内容: 人材派遣サービス、翻訳・ローカリゼーション、WEB&クロスメディア制作