広報担当者向けサービス「24時間以内プレスリリース翻訳サービス」をスタート

2007年06月15日

翻訳会社の株式会社アークコミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:大里 真理子)は、広報に特化した翻訳サービスを開始した。

プレスリリースは、社外広報という役割があるため、翻訳も同様に、即時性とともに会社のブランディングを意識したわかりやすい文章に仕上げることが要求される。社内に翻訳者がいる場合には対応が可能だが、量的に少ないため、継続的に専門の翻訳者を雇用することができる企業は実は少ない。

アークコミュニケーションズでは、こういった広報担当者の悩みを解決するために、「24時間以内プレスリリース翻訳」サービスをスタートする。

サービス概要

  • 本社の担当者とメール、および電話にて対応(英語での対応を含む)
  • 出稿予定時刻を告知した場合に、原稿提出後、24時間以内での翻訳(チェック工程を含む)提出
  • 英語を母国語とする翻訳者が、簡潔で短い文章に仕上げ、さらに、その分野に熟達した日本人翻訳者の校正により、特異な分野の用語の翻訳を補う
    (なお、当面は英日・日英のみでのサービス)

すでに、個別では数社の実績もあり、今後はパッケージサービスとして展開を始める。
アークコミュニケーションズでは、このサービスにより外資系企業プレスリリース翻訳サービスで2007年度、顧客70社の獲得をめざす。

本件についてのお問い合わせ先

(株)アークコミュニケーションズ マーケティング・コミュニケーション 佐々木
TEL:03-5730-6133  FAX:03-5730-6134 Email:press@arc-c.jp

株式会社アークコミュニケーションズ 会社概要

所在地: 東京都港区三田3-9-9 森伝ビル7階
代表取締役社長: 大里 真理子
資本金: 1,000万円
設立: 2005年7月15日
事業内容: 人材派遣サービス、翻訳・ローカリゼーション、WEB&クロスメディア制作