翻訳会社が登録翻訳者を対象に意識調査アンケートを実施

2007年08月01日

翻訳会社の株式会社アークコミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:大里 真理子)は、翻訳作業の受託契約を結んでいる個人翻訳者に対し、意識調査アンケート(第1回)を実施した。

翻訳会社が、顧客に対し満足度調査アンケートなどを行うことはあるが、請負業務の委託先である個人の翻訳者に対してアンケートを行うことは、非常に珍しい。

今回、アークコミュニケーションズは登録されている全翻訳者(個人、事業主)に対し、実態把握のため、料金、当社の仕事の仕方、当社への要望などについての意識調査アンケートを行った。今回は、今まで曖昧だった翻訳者の当社に対する評価、要望、クレームなどが明確になったことで、社員のモチベーションアップにつながり、さらにはいくつかの業務改善の糸口を発見した。

アークコミュニケーションズは今後、登録翻訳者に対する満足度調査アンケートを継続的に行い、実態を把握することで登録翻訳者に対する業務改善を進めていく。これにより、当社に対する翻訳者の満足度向上と定着率の向上を図る。さらには翻訳者が定着、固定化することで、当社全体の翻訳品質の向上と作業の効率化をねらう。

本件についてのお問い合わせ先

(株)アークコミュニケーションズ マーケティング・コミュニケーション 佐々木
TEL:03-5730-6133  FAX:03-5730-6134 Email:press@arc-c.jp

株式会社アークコミュニケーションズ 会社概要

所在地: 東京都港区三田3-9-9 森伝ビル7階
代表取締役社長: 大里 真理子
資本金: 1,000万円
設立: 2005年7月15日
事業内容: 人材派遣サービス、翻訳・ローカリゼーション、WEB&クロスメディア制作