株式会社アークコミュニケーションズ 代表取締役 大里真理子が翻訳を担当した「シナジー・マーケティング」がダイヤモンド社より3月12日に発行されました

2009年03月12日

ダイヤモンド社より3月12日に、株式会社アークコミュニケーションズ 代表取締役 大里真理子が翻訳を担当した、デービッド・A.アーカー著「シナジー・マーケティング」が出版されました。
昨今、部門間のコミュニケーション不足により、組織の壁を乗り越えてのマーケティング戦略に苦しむ企業が増えてきています。本書には、マーケティングのシナジー(相乗効果)を理解し実践するため、様々な事例を挙げたブランド戦略方法が書かれています。
マーケティング戦略を実践する企業にとって、既存部門を最大限に活かしながら、企業の全体最適を高いレベルで実現するための「実践書」としてお使いいただける内容となっており、ブランド担当者のみならず、多くのマーケターや組織デザインを考える方達にもお薦めいたします。

書籍概要

シナジー・マーケティング 部門間の壁を越えた全社最適戦略

シナジー・マーケティング 部門間の壁を越えた全社最適戦略
著者:デービッド・A. アーカー
訳:大里 真理子
発行:ダイヤモンド社
定価:2,520円(税込)
発行日:2009年3月12日(木)

目次:
序章 いまなぜシナジーが重要か
第1章 CMOの役割と業務範囲
第2章 部門の信頼と賛同を得る
第3章 サイロを連携させる
第4章 共通の戦略立案プロセスと情報システムの構築
第5章 ブランドとシナジー・マーケティング
第6章 ブランドに優先順位をつける
第7章 組織横断型マーケティングの創造
巻末付録 シナジー・マーケティング実践に向けたチェックリスト

社長紹介 大里 真理子 おおさと まりこ

アークコミュニケーションズは、お客様が抱えるさまざまな問題に真摯に向きあい、解決策を提供することをミッションとしています。 Web・翻訳・ローカリゼーション/ローカライゼーション・テクニカルライティング・デザイン・DTP・印刷・ドキュメント管理・保管・配送など、ありとあらゆるビジネスにおけるコミュニケーションに関する悩みに対し、最新のIT テクノロジーの利用とプロセス改革を考慮に入れて、最適な解決策を模索します。 「アークコミュニケーションズのお蔭で仕事が楽になったよ。一緒に仕事をして楽しかった」とお客様に喜んでいただくために、アークコミュニケーションズのメンバーは日々新しいチャレンジを楽しんでいます。

< 略歴 >  
1982-1986年 東京大学文学部卒業
1986-1990年 日本アイ・ビー・エム株式会社でSEとして
大型基幹システムのネットワークとデータベース設計を担当
1992年 Kellogg School of Management卒業、MBA取得
Beta Gamma Sigma Award受賞
1992-1997年 ユニデン株式会社 中国にて携帯電話の販売、武漢支店長歴任など
1997年-2005年 株式会社アイディーエス取締役
2005年 株式会社アークコミュニケーションズ代表取締役
< 社長ブログ >
マリコ駆ける!
翻訳・WEB・キャリアを極める~楽しく正しく新しい会社経営&オリンピックへの道~
URL:http://blogs.itmedia.co.jp/arc/

株式会社アークコミュニケーションズ 会社概要

所在地: 東京都港区三田3-9-9 森伝ビル7階
代表取締役社長: 大里 真理子
資本金: 1,000万円
設立: 2005年7月15日
事業内容: 翻訳・ローカリゼーション、WEB&クロスメディア制作、人材紹介、人材派遣

本件に関するお問い合わせ先

会社名: 株式会社アークコミュニケーションズ
担当: マーケティング・コミュニケーション 佐々木
TEL: 03-5730-6133
FAX: 03-5730-6134
Email: arc-c@arc-c.jp
URL: http://www.arc-c.jp/