弊社ニュースレター送付における宛先誤送信のお詫び

2011年01月07日

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
このたび、2010年12月16日に弊社より配信いたしました社外報「funNote」におきまして、一部の方々に対し、相手先アドレスと宛先名を一部誤った組み合わせで送信し、一部の個人情報を漏洩させる事故を発生させてしまいました。
皆様には多大なご迷惑をおかけいたしましたことを、ここに深くお詫び申し上げます。

弊社では今回の事故を重く受け止め、再発防止に向けて管理の体制、業務手順・ルールの徹底を図ってまいる所存です。お客様におかれましては、何卒ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

1. 漏洩した個人情報の内容と件数
  • 内容:お客様の「会社名」「ご氏名」
  • 件数:318件
2. 事故の経緯

弊社、広報より社外報「funNote」を送信するためのリストを作成する際、ご氏名とメールアドレスの組み合わせを作業ミスにより一部の方の組み合わせが間違った状態で、リスト化し、メールに記載された「会社名」「ご氏名」とは異なるお客様のメールアドレス宛に「funNote」を送信してしまいました。
お客様からの「宛名が違う」とのお問合せから発覚し、調査したところ、318件のお客様に対し、「会社名」「ご氏名」の異なるメールが配信されていることが判明いたしました。すでにこの318名のお客様にはメール・電話にてお詫び申し上げております。

3. 対策

事故原因は、リスト作成時の元データから送付データの作成手法に問題があることが判明いたしました。今後は、送付データの作成手法を見直し、さらに整合性チェック、複数回数、人数による確認チェックを徹底し、二度とこのような事故をおこさないよう取り組んでまいります。

このたびは、皆様に多大なるご心配とご迷惑をおかけ致しましたこと、ここに謹んで深くお詫び申し上げます。皆様からの暖かいご支援・ご協力により、今後さらに一層の情報の安全管理に努め、よりよいサービスの提供に邁進していく所存でございます。引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。

本件に関するお問い合わせ先

佐々木 由美子
経営企画室マネジャー
連絡先:03-5730-6133
      arc-c@arc-c.jp