『ハーバード流リーダーシップ「入門」』 目次

D. クイン・ミルズ 著
スコフィールド素子 訳
アークコミュニケーションズ 監訳

定価:2,520円(税込)
初版発行日:2006年3月9日

カート

目次

はじめに

第1部 リーダーになる

第1章 リーダーシップの重要性

リーダーシップを学んで得をするのはだれか
リーダーシップの意味
倫理の重要性
リーダーの任務
リーダーと、監督者やマネジャーとの違い
リーダーシップの本質
リーダーシップの例

第2章 リーダーになる方法を学ぶ

リーダーシップ: 生まれつきか、与えられるものか、学ぶものか
リーダーになるための自分への挑戦
リーダーになる方法は学べるのか
人生の一つの役割としてのリーダーシップ
個人的な障害を克服して、リーダーになる
リーダーになり始める
リーダーになるのが恐い

第3章 リーダーシップの基盤を探る

リーダーシップの七つの基盤
裏でリードする
よくある質問

第2部 リーダーシップの中核要素

第4章 リーダーとして成功する

リーダーにとって重要な九つの特性
五つの重要なリーダーシップ・スキル
リーダーの五つのスタイル

第5章 職場におけるリーダーシップ

運営レベルにおけるリーダーの目標
リーダーにとって重要な4つの能力――運営レベル

第6章 他のリーダーとのパートナーシップ

共同リーダー
パートナーをみつける
パートナー候補を評価する
パートナーとしての友人
友人がパートナーである場合の問題
友情のリスク
リーダーシップ・チームの建設的な緊張感
リーダー間のパートナーシップを破滅しかねない意見対立

第3部 リーダーの座に向かってキャリアアップ

第7章 リーダーへのキャリアパス

リーダーへのキャリアパス
偉大なリーダーへの第一歩をどのように踏み出すか
群れに従う
非凡なキャリアの五つのパターン
最も優れたスキルをもつ分野を選ぶべきか、最も好きな分野を選ぶべきか
キャリアの選択
キャリア・プランを変更する

第8章 キャリアの第一歩

小さな組織か、大きな組織か
非営利団体か、営利団体か
ライン職か、スタッフ職か
何が優秀な起業家をつくるか

第9章 リーダーへの道を進む

何に着目して組織を選ぶか
業界に関して考慮すべき点
職を選ぶ
上司を選ぶ
良いアドバイスを得る
メンターと正式なメンター制度
トップへの道は広がった
社内政治
偏見に真っ向から取り組むか、それとも外堀を埋めるか

第10章 みずから作り出すキャリアの障害

評判はどれほど重要か
職場で築きたい評判
何を達成することができるかを示す
優しく、タフで、スマートであれ
ある特定の会社におけるキャリア・キラーの例
なぜリーダーは間違いをおかすのか
利益相反の可能性
モラルの問題
リーダーシップと責任、アカウンタビリティ
お世辞の危険さ
キャリアの方向転換
橋を造るのか、橋を燃やすのか
人間関係はいかに重要か

第11章 チームを率いる

権限移譲されたチームにおけるリーダーの役割
チーム会議の課題
チームリーダーのためのチェックリスト
チームにおけるリーダーシップ
チームを率いるために重要な特性
チームを率いるために重要なスキルを適用する
チームという場に適したリーダーシップのスタイル
チームという場でリーダーの能力を活用する

第12章 環境変化の渦中におけるリーダーシップ

ニュー・エコノミーの課題
組織を取り巻く環境の変化に対応する
近視眼的戦略の危険性
本物の顧客志向を実現する
モラルの基準を設定する
[ケース] 現実に発揮されたモラル面のリーダーシップ
[ケース] 倫理観が変化しつつある状況でのリーダーシップ
変革を拒む企業への入社を避ける方法

第4部 人生におけるリーダーシップの位置

第13章 ワーク・ライフ・バランスを実現してリーダーシップを維持する

対立
ワーク・ライフ・バランスに関する誤解
両立を実現するための戦略
ワーク・ライフ・バランスを維持する方法
家族思いの会社
仕事の通貨はお金。人間関係の通貨は時間。二つを混同するなかれ。
早いうちからワーク・ライフ・バランスを心がけることの重要性
ワーク・ライフ・バランスにおける友情の役割
キャリアの成功と普通の家庭生活は両立し得るか
結論

第14章 リーダーシップと人生の充足

他者をリードする責任があるのか
充足とはどういう意味だろう
人生に対する態度

監訳者あとがき
参考文献