コンプレックスや外向/内向の概念を発見 分析心理学の創始者・ユング|翻訳会社ブログ

世界の著名人:ユングについて

コンプレックスや外向/内向の概念を発見 分析心理学の創始者・ユング

こんにちは、大学では哲学や心理学を勉強していたナホです。

世界の心理学者の中でも特に有名な人物の1人に、分析心理学の創始者であるカール・グスタフ・ユングがいます。

人間の心理について深い考察を重ねたユングですが、彼自身はどんな人生を歩んだのでしょうか。グローバルにも知られる学説がいかにして生まれたのかにも触れながら、ユングの生涯について調べてみました。

幼い頃から哲学書を愛読する"早熟の心理学者"

ユングは1875年、スイスの小さな田舎町で生まれました。名前をアルファベットで書くと「Jung」ですが、「Ju」を英語読みの「ジュ」ではなくドイツ語読みの「ユ」と読むのは、スイスのもっともポピュラーな公用語がドイツ語だったからです。

ユングの父は牧師、母は霊能者ということもあってか、幼少期から神や霊、思想といったものへの関心が強かったそうです。10代にはニーチェの『ツァラトゥストラはかく語りき』やゲーテの『ファウスト』を愛読し、大学では精神医学を学びました。

ゲーテと言えば「永遠の『女性的なるもの』が私たちを高みに引き上げていく」という言葉を残したことで有名ですが、これはユングのアニマ・アニムスの理論にも通じるところがあります。

アニマは男性の中に存在する女性性、アニムスは女性の中に存在する男性性のこと。この理論からも分かるように、ユングは早くから自分の中に存在する"もう1人の自分"を意識していたのだと言います。

このような意識をさらに深く掘り下げていった結果発見されたのが、現在では一般心理学の分野でも広く知られるようになったコンプレックスや外向/内向などの概念だったのです。

フロイトとの出会いと別れ

ユングに影響を与えた人物として、ジークムント・フロイトの存在は欠かすことができません。フロイトと言えば、いまや英語や日本語の他にも、世界中の言語に翻訳して読まれている『夢判断』で有名な人物。現在行われているさまざまな夢占いも、フロイトの理論をもとにしていると言われています。

ユングはこの『夢判断』を読んで感銘を受け、以前からフロイトのことを尊敬していたのですが、2人は20世紀初頭についに出会います。それからはユングがフロイトに師事するような形で慕い、フロイトもユングのことを息子のようにかわいがりました。

しかし時間が経つにつれて、2人の考え方の違いが鮮明になるようになりました。ついにユングはフロイトの理論に対する批判を公に発表し、フロイトを激怒させてしまいます。これをきっかけに両者は決別し、ユングは独自の理論である分析心理学を発表するに至るのです。

石の塔にこもって執筆活動に没頭したユング

フロイトとの決別を経たユングはスイスのボーリンゲンという町に土地を購入し、石の塔を建てます。当時60歳を超えていたユングはこの塔にこもり、書籍の執筆に注力したそうです。代表作となる『心理学的類型』についても、この頃に発表されました。

英語で書かれた他の学者との共著『人間と象徴』を除いて、70歳を超えての著作である『転移の心理学』や『アイオーン』、『結合の神秘』に至るまで、ユングの著作のほとんどがドイツ語で書かれました。

しかしその功績の大きさから多くの言語に翻訳され、世界中の研究者に読まれています。日本でもユング派の心理学者である河合隼雄氏による翻訳書が、多数出版されています。

関連サービス

このページの先頭に戻る