マザーズ上場企業の英語ウェブサイト保有率は48%~『上場企業コーポレートサイト 多言語対応状況調査報告2012』調査レポート発表~

2012年10月18日

Web制作事業と翻訳事業で多言語展開している株式会社アークコミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役:大里 真理子)は、2012年10月18日、マザーズ上場企業175社のうち、ウェブサイトを設置している174社を対象に、『上場企業コーポレートサイト 多言語対応状況調査報告2012』を作成しましたので、ここにご報告いたします。

調査対象について

多数の外国語サイト制作の実績を持つアークコミュニケーションズでは、マーケティングコミュニケーションにおけるインターネットメディアに注目し、上場企業のコーポレートサイトの多言語化の状況を継続的に調査しております。本年度は、対象をこれまでの東証一部上場企業から、マザーズ上場企業に変えて調査を行いました。

調査結果

マザーズ上場企業で英語のウェプサイトを持つ企業の割合は48%、続いて簡体字が7%でした。対応言語は、東証一部上場企業の調査結果同様、英語が断然多く、続いて簡体字という順番でした。
英語の対応率に関しては、76%(2011年度弊社調査)を超えた東証一部上場企業と異なり、マザーズ上場企業の場合、全体の半分に満たない対応率となりました。
このように、東証一部上場企業と比べると、英語をはじめとする外国語サイトに対応している企業の割合は半分以下と少ない結果になりました。しかし、グローバル化の波を受けて、日本国内の外国人や海外からの投資などが増える可能性を考えると、こうした企業にもいずれウェブサイトの多言語化が大きな課題となってくることが予想されます。

このレポートの詳細は、こちらのウェブサイトから、ダウンロードしてご覧いただくことができます。
https://www.arc-c.jp/download/form.html

株式会社アークコミュニケーションズでは、今後、さらに様々なインターネット状勢を調査するレポートを発表する予定です。

株式会社アークコミュニケーションズ 会社概要

代表者: 代表取締役 大里 真理子
所在地: 東京都港区三田3-9-9 森伝ビル7階
TEL: 03-5730-6133
FAX: 03-5730-6134
URL: http://www.arc-c.jp/
主な事業: 翻訳・通訳・ローカリゼーション Web&Cross Media企画制作
グラフィックデザイン ライティング 人材派遣・紹介

本件に関するお問い合わせ

担当: 広報・マーケティング 加藤 満
TEL: 03-5730-6133
Email: arc-c@arc-c.jp

トップへ戻る