『「買う」と決める瞬間 - ショッパーの心と行動を読み解く』

ハーブ・ソレンセン 著
株式会社テイラーネルソンソフレス・インフォプラン 監訳
大里真理子/スコフィールド素子 訳
ダイヤモンド社 出版

定価:1,800円(税別)
初版発行日:2010年9月9日

カート


ダイヤモンド社より9月9日に、株式会社アークコミュニケーションズ 代表取締役 大里真理子が翻訳を担当した、ハーブ・ソレンセン著『「買う」と決める瞬間』が出版されました。

著者のハーブ・ソレンセン氏は、TNSソレンセン社最高経営責任者兼会長であり、40年以上に渡ってショッパー(買い物客)調査を専門に行ってきた、ショッパー・マーケティングの第一人者です。

ショッパーを最新技術とデータで科学的に解析、売上増・利益増につながるインサイトを提示しています。
米国の小売店の調査・観察が元になっていますが、日本の小売業にも当てはまることが多数あり、小売店、メーカーの方々に是非読んでいただきたい内容となっています。

目次:
日本の読者へのメッセージ
第1章 「急ぎの買い物」- 買い物にかかる時間の80%は無駄
第2章 3つの「決定的瞬間」と3つの「通貨」
第3章 店内の移動パターン - ショッパーはどこに行き、何をするか
第4章 攻めの小売への転換 - ショッパーの足が向くところに商品を置く
第5章 ブランド、小売店、そしてショッパー - なぜロングテールに振り回されるのか
第6章 インターネットが売場に入り込む
第7章 マニフェスト - 小売店の流れを変える

付録
Interview1 「急ぎの買い物」のパラドックス - ユニリーバ マイク・トウィッティ氏に聞く
Interview2 インターネットとリアル世界の小売の統合 - ペンシルベニア大学ウォートンスクールのピーター・フェーダー教授とメリーランド大学のウェンディ・モー助教授に聞く
Interview3 学んだことを実行に移す:小売店の対応 - マーシュ・スーパーマーケッツ マーク・ヘックマン氏に聞く