お客様の社外報のグローバル化をサポート

伝えたい企業メッセージを正確に捉えた翻訳が可能

広報誌・ニュースレター(翻訳サービス)

ネイティブが翻訳する広報誌・ニュースレターで、
企業のグローバル広報をお手伝いします

企業理解の促進・イメージ向上のために、事業内容はもちろん、企業文化やさまざまな取り組みについて発信することはとても重要です。

その英語版広報誌、ちゃんとお客さまに伝わってますか?

「国内向けの広報誌を海外の顧客や取引先にも届けたい」「海外の方にも自社をより深く知ってもらいたい」――企業のグローバル化がますます進む現在では、広報誌の読み手も日本国内に留まらず海外にまで広がり、広報誌の外国語対応が求められています。しかし、企業の個性を十分に理解し、分かりやすく外国語で伝えることは容易ではありません。

アークは“伝わる”翻訳を提供します!

アークコミュニケーションズの翻訳サービスでは、ビジネス経験が豊富で、業界・企業文化を汲み取る能力に秀でたネイティブ翻訳者が翻訳を担当しますので、伝えたい企業メッセージを正確に捉えた翻訳をいたします。言葉一つひとつの意味合いにも細心の注意を払い、日本とは異なる文化や感覚を持つ海外の方にも違和感なく読んでいただける翻訳をご提供します。

必要に応じて翻訳支援ツールも使います

ニュースレターのように定期的に発行されるドキュメントの翻訳には、必要に応じて翻訳支援ツールを使用して効率化に役立てます。原稿の内容によっては、使用しない判断もいたします。

事例・実績

  • 電子機器メーカー:「社外向け技術紹介冊子」の日英翻訳
  • 総合機器メーカー:「海外顧客向けニュースレター」の日英翻訳
  • 消費財メーカー:「環境報告書」の日英翻訳
  • 監査法人:「企業調査報告冊子」の日英翻訳

翻訳のプロセスについて

一次翻訳から納品までの一般的な翻訳プロセスをご紹介します。

(1)一次翻訳

一次翻訳は、弊社の厳しいトライアルに合格したネイティブ翻訳者が行います(内容によっては日本人翻訳者が担当することがあります)。そのため、文章表現そのものを滑らかで高品質にすることができます。

(2)翻訳チェック(別の翻訳者による全文突き合わせチェック)

一次翻訳と同様に、弊社のトライアルに合格し各専門分野に長けた翻訳者がチェッカーとなり、全文の突き合わせチェック(校正)を行います。この工程で、翻訳もれや、原文の解釈ミス、翻訳ミス、数字・固有名詞の間違いがないかを確認します。別の視点から校正を行うことで、さらに品質を向上させます。

(3)翻訳見直し(一次翻訳者による全文見直し)

校正結果を一次翻訳者へフィードバックして、文章全体の表現などを最適に調整します。

(4)最終チェック

「お客さまの要求を満たしているか」を基準に、品質保証部やプロジェクトマネージャーが社内でQAを実施します。

(5)納品

なお、社内用途や下訳でよい場合は「ドラフト翻訳」もご用意しています。この場合は、一次翻訳したのちに納品します。(2)(3)のチェック工程を割愛するため、通常プロセスと同等な品質ではないことを予めご了承ください。納品後にチェック作業などが必要な場合は、追加料金をいただく場合があります。

料金について

料金は、サービス内容、原文の文字数/ワード数、および、翻訳言語の文字数/ワード数による「ボリュームディスカウント」や、「ミニマムチャージ(最低料金)」、短納期をご希望の際の「ラッシュチャージ(特急料金)」などで決まります。DTP作業が必要な場合は、別途料金が発生します。
詳しくは翻訳料金表をダウンロードしてご確認ください。

>>>翻訳料金表ダウンロードお申し込みフォーム

お見積り、トライアル翻訳は「無料」

お見積りは無料です。
原稿が完成している場合には、お送りいただいた原稿ファイルを基に、原則、2営業日以内に費用や納期などをご提案させていただきます。原稿が作成中の場合は、完成後の想定分量(ファイル形式、ページ数など)を基にご提案します。

また、「お試し」で翻訳品質をご確認いただけるトライアル翻訳も無料で承っていますので、ぜひ一度、アークコミュニケーションズの高品質をその目でお確かめください。日英翻訳の場合には原文400 文字程度、英日翻訳の場合は原文300 ワード程度まで対応させていただきます。
詳しい内容については、下記のフォームあるいはお電話でお問い合わせください。

広報誌・ニュースレターの関連サービス

広報・マーケティング分野の翻訳サービス

翻訳品質を上げる7つのルール
出版翻訳
44言語グローバルサイト
このページの先頭に戻る