ヒンディー語 | 翻訳会社アークコミュニケーションズ

「ヒンディー語」についての言語紹介と翻訳の事例

ヒンディー語

言語の紹介

ヒンディー語翻訳

ヒンディー語はインド・ヨーロッパ語族に分類され、南アジア言語の中では、ネパール語やウルドゥー語、パンジャービー語、ベンガル語などに近いとされています。

ヒンディー語はインドの連邦公用語に指定されています。インドには1,500以上の言語があり、ヒンディー語はその中の1言語です。ヒンディー語を母語とする人はインド全体の40%程度で、一番多くのインド人が話している言語となります。インドにはヒンディー語のほかに、ウルドゥー語、ベンガル語、パンジャービー語、タミル語、テルグ語、マラヤーラム語、グジャラーティー語、マラーティー語などがあります。

使用される文字はデーヴァナーガリー文字と呼ばれ、タイ文字やクメール文字、ビルマ文字と同じ祖先から派生したといわれています。これらの文字に共通する特徴は、子音字と母音記号を組み合わせて文字を表現する仕組みです。ヒンディー語においては、日本語では区別しない音も発音します。しかし、子音字と母音記号の組み合わせの法則と文字の形さえ覚えてしまえば、書くこと自体はそう難しくありません。

世界のみんなに「こんにちは!」「ありがとう!」
नमस्ते (ナマステ)こんにちは
धन्यवाद (ダンニャワード)ありがとうございます

料金

料金は、原文の文字数(もしくはワード数)、および翻訳言語などによって決まります。DTP作業が必要な場合は別途料金が発生しますので、翻訳料金表をダウンロードしてご確認ください。

お見積りと、お試しで翻訳品質をご確認いただけるトライアル翻訳は無料で承っています。くわしい内容については「翻訳プロセスと料金体系」をご覧ください。品質に対する理念もあわせてご覧ください。

翻訳品質を上げる7つのルール
出版翻訳
44言語グローバルサイト
このページの先頭に戻る