もしも英語が使えるのなら…何を広めたい?│翻訳会社ブログ

もしも英語が使えるのなら…何を広めたい?

もしも英語が使えるのなら...何を広めたい?

英語力

2020年には東京オリンピック開催が決定し、小学校での英語教育も盛んになり今後ますます国内での「英語力」に対する需要が高まっていくことが想像できます。英語ができたらなぁ...と漠然とした憧れを抱いている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、もし英語翻訳の仕事をするとしたら、どのような題材を翻訳してみたいか、アンケート調査をしてみました。

【質問】

もしも翻訳者になったら、何の翻訳をしたいですか?

【回答数】

小説:41
映画:28
音楽:12
漫画:11
その他:8

自分のお気に入りをみんなに知ってもらいたい!

一番多い回答は「小説」となりました。

  • もともと本が好きなので、気に入った小説を選んでその世界にひたりながらじっくり取り組みたい。(40代/女性/専業主婦)
  • いろんな国の作品をもっと世の中に広めていきたいなと思うから。(20代/男性/学生)
  • 海外小説を読むのが好きなので、日本にどんどん紹介したいから。(50代/女性/会社員)
  • 原文の面白さをいかに母国語の独特な言い回しなどで表現できるかをやってみたいです。(30代/女性/パートアルバイト)

自分自身が小説好きで海外の面白い作品を日本に紹介したい!という声が多く上がりました。大人気のハリー・ポッターシリーズも元々は一人の翻訳者が日本語に訳し、出版したことでブームに火がついたものですよね。面白いものや素敵なものを見つけたとき、誰かにシェアしたくなる気持ちも英語が使えればますます幅が広がりますね。

仕事をしつつも生きた英語を学びたい!

1位の小説から票数を離して映画、音楽、漫画という結果になりました。

  • 映画は基本的に会話なので、英語圏の自然な話し言葉について翻訳しているうちに学べると思うから。(20代/女性/学生)
  • 自分は映画が好きで、吹き替えのうまいセリフの考え方にいつも感心してるので。(30代/女性/専業主婦)
  • 音楽が好きだから。また、使う言葉によって伝えられる意味が大きく変わってくるから。(20代/男性/学生)
  • 漫画が好きなので、翻訳して日本にもっと興味を持ってくれるとうれしいから。(20代/男性/学生)

映画あるいは音楽、と答えた人の回答には「好きだから」という理由以外に自分自身の勉強になりそう、という声が多く上がりました。小説のような文章だけでは学び切れない「生きた英語」に触れることで新たな発見がありそうですね。また何気なく聞いている洋楽も、意味がわかればもっと興味が深まるかもしれません。一方「漫画」と答えた人は「日本の文化を紹介したい」という他の選択肢の回答者とは逆のベクトルを持っている人が多いようです。

英語が使えたら...自分の世界が広がるかも!?

今回の調査では様々な回答がありましたが、どの回答の中にもみなさん自分の好きな作品や好きなものを知らない誰かに伝えたい、シェアしたいという気持ちがうかがえました。近年SNSが急速に発達しいろんな人が様々な投稿をしていることからもわかるように、何か素敵なものを見つけたときに誰かと共感したいという気持ちはどなたにでもあることなのかもしれません。そしてもし英語が使えれば、自分自身が発見できることが増えるだけでなく共感できる人の幅も広がり、人生を更に豊かにしてくれそうですね。

  • 調査地域: 全国
  • 調査対象: 年齢不問・男女
  • 調査期間: 2015年07月01日~2015年07月15日
  • 有効回答数: 100サンプル

関連サービス

このページの先頭に戻る