デキる翻訳者に求められる3つの資質とは?│翻訳会社ブログ

これからの時代に求められる翻訳者の能力と資質

デキる翻訳者に求められる3つの資質とは?

翻訳とローカライズ

国際的な販路を模索する企業にとって、商品やサービスに関する表記が現地の言葉に正しく翻訳されているかは非常に重要なポイントです。効果的なローカライズを達成するためには正確で適切な翻訳が不可欠のため、企業は有能な翻訳者を見極めることが必要となってきます。今回は、有能な翻訳者が兼ね備えている能力について紹介していきます。

1. 高い言語能力

一般的に、翻訳者は外国語の知識を豊富に持っているというイメージがあります。しかし、翻訳者に求められる能力はそれだけではありません。単なる外国語を解する能力だけではなく、翻訳者には単語を深く理解し適切に表現できる能力が求められます。すなわち、元原稿の内容を、文化的要素や発想法の違いを考慮した上で、ターゲット言語で再構築する能力が必要とされるのです。

アークコミュニケーションズでは、ここで挙げたような高い言語能力を持った翻訳者を採用するために、合格率5%という難関のトライアルテストを突破した翻訳者のみを登録しています。さらに、採用後も仕事評価によるランク付けなど、常時フィードバックを行い、翻訳者のスキルアップに努めています。

2. ミスのない正確な翻訳ができる能力

ミスのない翻訳を行う能力は、プロの翻訳者として大変重要なポイントです。固有名詞や数字などが誤訳されてしまうと、ビジネスの場面において致命的な損失を生むことにもなりかねません。翻訳者には、高い注意力が必要とされているのです。

アークコミュニケーションズでは、翻訳のミスをなくすために、校閲者と呼ばれる翻訳チェッカーが細かい部分まで内容をチェックし、場合によっては翻訳者が作業をし直すこともあります。こうしたチェックを重ねることで、ミスを最小限に抑えています。

3. クライアントやユーザーを見据えた翻訳をする能力

ただ与えられた文章を翻訳するだけではプロの翻訳者とは言えません。クライアント、さらにはその先にいるユーザーまでを考慮に入れ翻訳することができてこそ、高い能力を持つプロの翻訳者と言えるでしょう。

そのためには、クライアントと密なコミュニケーションを取りあい、ニーズをきちんと汲み取ることができる、高度なコミュニケーション能力が必要可決です。これができると、企業は翻訳者をビジネスパートナーとして信頼し、安心して仕事を任せられるようになります。

まとめ

国際化が叫ばれる中で、様々な企業において製品やサービスのローカライズが課題となっています。有能な翻訳者を確保することは、グローバル展開を望む企業にとっての必須条件です。今回紹介したような翻訳者の能力を考慮することが、グローバル化の成功の鍵と言えるでしょう。

お問い合わせ

翻訳サービスについてのお問い合わせはこちら

関連サービス

このページの先頭に戻る