翻訳サービス、Web制作、人材派遣ならアークコミュニケーションズ

アクセス解析をワンランクアップするGoogleタグマネージャー

アクセス解析をワンランクアップするGoogleタグマネージャー

Googleタグマネージャー

こんにちは。
アークコミュニケーションズ Web&クロスメディア事業部営業セクションです。

私たちは、お客様とのコミュニケーションの一環として、ニュースレターを配信しています。このニュースレターでは、Webサイトにまつわるちょっとした知識などを紹介していきます。

第13回は、Googleタグマネージャー利用のご案内です。

Google Analyticsでできること

Webご担当の皆様は、Webサイトのアクセス解析のためにGoogle Analyticsを使用されている方が多いかと思います。
Google AnalyticsとはGoogleが提供している無料ツールで、以下のようなデータを計測できます。

  • Webサイトへの訪問者数
  • 国別・地域別の訪問者数
  • Webサイト内の人気ページ
  • Webサイトへのアクセス経路(Google検索から?SNSから?)

Google Analyticsのデメリット

しかしGoogle Analyticsには不便な点もあります。

  • 特定のリンク部分のクリック数
  • PDF別のダウンロード数
  • 動画の再生数

このような詳細データを知るためには、各該当箇所に計測タグを埋め込む必要があります。
埋め込みにはhtmlコードを編集しなければならない上、いくつもの計測タグを利用する場合は、管理も非常に手間でした。
そのため、計測自体を断念するケースも少なくありませんでした。

計測タグを簡単管理!Googleタグマネージャー

最近は、そのようなご要望のお客様には、Googleタグマネージャーの導入をお勧めしています。
Googleタグマネージャーとは、計測タグを一元管理するための無料ツールです。
Webサイトに専用のコードを埋め込むことで、Google Analyticsと連携して利用できるようになります。
メリットは以下の通りです。

  • 管理画面から計測タグの設定・管理が可能
  • htmlコードの編集が不要
  • 外部業者へ計測タグの設定作業を依頼することが可能

タグマネージャーを導入済かどうかわからない方、導入していても運用できていない方、
またGoogle Analyticsそのものがよくわからない、アクセス解析を依頼したいという方も、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

Web制作サービスについてのお問い合わせはこちら

関連サービス

ProNet six apart
外国語サイトへの取り組みについて
POWERCMS for MT構築
制作パートナー SOHOスタッフ募集
このページの先頭に戻る