2020年東京五輪開催 通訳案内士の増大する役割とは?│翻訳会社ブログ

日本の文化に精通し、ホスピタリティと高い言語コミュニケーション能力を兼ね備えた通訳案内士。その存在が必要不可欠となる日は、確実に近づいています。

2020年東京五輪開催 通訳案内士の増大する役割とは?

通訳とオリンピック

2020年のオリンピックの開催地が東京に決定し、改めて日本が世界から注目されています。

そうしたなか、脚光を浴びているのが「通訳案内士」と呼ばれる資格です。

通訳案内士とはどのような存在か、またビジネスシーンにおける上手な依頼方法をご紹介します。

今注目を集めている通訳案内士とは?

通訳案内士とは、通訳に関する唯一の国家資格です。日本を訪れた旅行客を外国語で案内するといったビジネスなどに必須の資格となります。現在は英語だけでなく、フランス語、中国語などのさまざまな言語に対応した試験があり、2013年4月時点で16,000人を超える登録者数を誇っています。

日本での観光案内のプロフェッショナルである通訳案内士の仕事は、一般的なガイドが行うような、たとえば土産物屋への案内などに留まりません。観光客に、正しく日本理解をうながせるように、試験内容には一般教養から日本の地理、歴史、産業、経済、政治、文化まで、多岐にわたる分野が網羅されています。彼らに求められるのは単純な通訳業務だけではありません。豊富な日本の教養に精通している必要があるのです。

通訳案内士へ依頼するには...

まず、通訳会社に依頼する、また個人の通訳案内士を派遣紹介する業者へ依頼することもできます。もちろんフリーランスで活躍している通訳案内士に直接依頼することも可能です。派遣業者は、料金がかかる一方で、求められるシーンを得意とする通訳案内士を紹介してくれるというメリットもあります。

通訳会社に所属している通訳案内士の多くは、通常の通訳としても活躍しています。様々な場面で場数を踏んできた経験を十二分に活かしてくれるでしょう。

通訳案内士へリーズナブルに依頼するコツ

語学が堪能で知識が豊富だったとしても、通訳案内士の活躍するシーンは様々で、その報酬にも随分と幅があります。海外からのVIPには経験豊富なガイドを、海外の友人との観光のヘルプ役なら新人ガイドを、といったような使い分けでコストを上手に抑えましょう。

ガイドへの依頼料金は、依頼内容によって変動しますし、早朝や深夜といった特殊な時間帯は特別料金がかかります。内容、時間、ガイドのランクのそれぞれの依頼条件を調整することで、リーズナブルな依頼を行うことができるでしょう。

まとめ

これからも有資格者の増加が見込まれる通訳案内士。今後は依頼報酬が増加することも考えられます。シーンに合わせて上手に依頼をすることがポイントです。たとえ語学が堪能で知識が豊富でも、資格や試験では計れないのがホスピタリティです。気遣いある良い通訳案内士と出会えれば、言葉の通じないゲストとも心が通じ合うでしょう!

お問い合わせ

翻訳サービスについてのお問い合わせはこちら

関連サービス

このページの先頭に戻る