建設業界で外国人労働者受け入れ拡大!新たに必要な翻訳とは?│翻訳会社ブログ

外国人労働者の受け入れ拡大をスムーズにするための翻訳

建設業界で外国人労働者受け入れ拡大!新たに必要な翻訳とは?

外国人労働者の受け入れと翻訳の必要性

2020年のオリンピックの準備や震災の復興支援などのため、2014年より外国人労働者の受け入れ拡大が決定しました。まずは建設分野に重点を置き、不足する労働力を補うため、技能実習を終えた外国人の滞在期間が延長されます。外国人の受け入れと、業務をスムーズに進めるための翻訳の必要性を考えます。

今回の受け入れ拡大とは

今回の受け入れ拡大は、外国人技能実習制度を変更する形で行われます。これまでは、実習生は建設、農業、縫製などの指定された職種で技能を学びながら働くことで、最長3年間は日本に滞在できることになっていました。今回の変更では、条件を満たした場合に、実習後さらに2年間働けるよう滞在期間が5年間に延長されます。いったん帰国して再入国する場合には、3年間の再入国を認めて最長6年間の滞在が可能になります。

今回の対象となるのは、人手不足が深刻な建設分野です。今後は受け入れ職種の拡大や、企業の受け入れ人数の拡大も行われる見込みです。さらに、建設分野と同様に、人手不足に悩む介護分野や家事支援の分野でも、近いうちに外国人受け入れ拡大が行われると見られています。

外国人受け入れでの問題点

言葉や文化、習慣の違う外国人を労働力として受け入れることは、さまざまな問題が発生します。たとえば、実習生という弱い立場で働く外国人の労働条件は、同様の仕事をする日本人と比較して水準が低い場合が多いのが実情です。労働条件が明らかにされていなかったり、低賃金・長時間の過酷な労働を強いられたりするほか、休日がほとんどない、パスポートや通帳を半強制的に預けさせられているというケースもあります。日本語で書かれた内容がわからない書類にサインさせられる場合もあるようです。

また、外国人の労働者向けの作業内容や機械の扱いの説明が不十分であったり、安全に作業するための教育が十分にされていなかったりということも多くなっています。そのために、危険な状況を引き起こしてケガや死亡するという痛ましい事故も数多く起きています。

その他、日本の文化や習慣への理解が十分でないために、外国人労働者間と地域の住民との間でトラブルになる場合もあります。たとえば夜遅くまで騒ぐ、ゴミを分別せずに出す、車を停めてはいけない場所に停めるなどで、住民とトラブルになった例が多数報告されています。

問題点への対応

1.労働条件の明示

問題を解決するには、実習制度や法律の改善が必要です。まず労働条件を明示した書類をきちんと翻訳し、外国人労働者と受け入れ側の両方が内容を確認し合意できるようにすることは最低条件と言えます。さらに、労働者がサインする必要のある書類を全て翻訳することも重要です。立場の弱い外国人労働者が一方的に不利になることを避ける手助けとなります。

2.作業内容や安全教育に関する翻訳

建設分野では、さまざまな資材や工具、機械を使用するほか、高所での作業などもあり、作業に危険がつきまといます。安全な作業のためには、作業手順はもちろん、機械の名前や各部の名称、使い方、安全を確保するための手順などの翻訳が欠かせません。これは作業する外国人労働者のためだけではなく、共に働く人々を守るためにも重要です。

3.文化や習慣の違いに対するサポート

日本の文化や習慣を理解していない、自分の国の習慣で行動してしまったためにトラブルになる例が多く見られます。「日本ではこのような時はこうする」といった、日本での生活に必要な基本的習慣や文化についての情報を翻訳することで、トラブルが減らせます。また、外国人労働者の国や習慣についての情報を住民に提供すれば、誤解を減らす手助けになるはずです。

また、困り事がある場合の相談窓口や、医療機関の情報なども翻訳が必要でしょう。

まとめ

今後の日本は、建設分野だけでなく多くの分野で外国人労働者の受け入れが増えることが予想されます。業務を安全かつスムーズに進めるための翻訳はもちろんのこと、外国人労働者が外国に滞在する負担や不安を和らげるための翻訳も不可欠です。外国人であるか日本人であるかに関わらず、誰もが安全で快適に働ける環境を目指していくことが必要といえます。そのためにも、翻訳の役割がより重要になってくるといえます。

関連サービス

このページの先頭に戻る

本サイト(www.arc-c.jp)は、快適にご利用いただくためにクッキー(Cookie)を使用しております。
Cookieの使用に同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。
なお本サイトのCookie使用については、「プライバシーポリシー」をご覧ください。