楽しんで英語学習を継続していくためのポイント│翻訳会社ブログ

英語の学習を楽しく継続するためのポイント

楽しんで英語学習を継続していくためのポイント

英語学習継続のポイント

昨年の秋に他業界から転職してきた駆け出しのユッチです。翻訳業界は初めてなので学ぶことばかりですが、先輩にいろいろと教えてもらいながら勉強しています。

英語のスキルアップのため、継続的な学習を目指しています。しかし、決意してからしばらくはがんばることができますが、仕事の忙しさを言い訳にしてしまってなかなか長続きさせるのは難しいです。目立った進歩を感じられずに嫌になってしまうことってありますよね。

でも、語学の上達には継続が肝心と言われるわけで、どうしたら続けることができるの?続けるためにできる工夫は?楽しければ続けられるよね。というわけで、できるだけ楽しく英語の学習を続けていくためのポイントを調べてみました。

やさしい英語に大量に触れる

教材を選ぶとき、つい今の自分のレベルより高いものを選んでしまいます。私自身、「TOEIC900点を目指そう」とか「英検1級合格」などと高い目標を掲げて教材を買ってみるものの、難しくて学習が頓挫してしまうことが何回もありました。それよりも、自分のレベルより少し易しい教材にした方が継続しやすいそうです。

内容が易しい方が理解しやすく学習に抵抗がないので続けやすくなるのは、その通りです。どんどん進めば充実感もあり、やさしくシンプルな表現は結構実用的なので、覚えると使える場面も多そうです。簡単な表現でも実際に使うことができれば学習による進歩を実感できるので、英語学習のモチベーションを維持しやすいという利点もあります。教材のレベルを下げるのはそれなりに抵抗がありますが、一度トライしてみたいと思います。

自分の興味のある分野を攻略

英語学習のアプローチとして、趣味や興味のある分野を学習の切り口とするのも有効のようです。興味がある分野について英語でいろいろ調べてみると特に読解力の向上につながるとのこと。確かに興味のある分野なら予備知識が十分にありますし、知りたい気持ちも強いので、少々分からない単語や表現があっても推測でカバーできることが多いかもしれません。「この言葉は英語でこう表現するんだ」、「この部品名の英語はこう言うのか」などの発見が多ければ楽しく続けられます。

私はサッカーに興味があるので、英語でもサッカーに関する記事を読んだり、動画を見たりしてみたいと思います。好きなサッカーのことなら、分からない単語の意味を想像したり、意味を調べたりするのもそれほど苦になりません。

好きな洋楽や映画を利用する

他にも、洋楽や洋画などで楽しく英語に触れる方法もあるようです。好きな歌や映画を何度も見たり聴いたりするのは楽しいので、その過程で歌詞やセリフを聞き取ることを意識し、簡単な表現は覚えてみたいと思います。すぐに聞き取れない場合にも「この場面は好きだから次は聞き取るぞ!」とがんばります。歌ならリズムがありますし、映画なら場面と関連付けられるので、リズムや関連付けからも覚えやすそうです。

1曲分覚えればかなりの表現が身につきますし、映画なら使える口語表現が身につきますね。いつか洗練された映画のセリフのような口ぶりで話せるようになりたいです。

まとめ

レベルの高い教材でがんばるのもいいですが、挫折してしまっては元も子もありません。楽しみながら、時にはリラックスしながら英語を楽しむことが継続していくためのポイントになりそうです。これからは、趣味や好きな音楽、映画などをうまく利用して、楽しみながら英語学習を続けて行きたいと思っています。

お問い合わせ

翻訳サービスについてのお問い合わせはこちら

関連サービス

このページの先頭に戻る