NHKの語学番組を利用した外国語勉強法│翻訳会社ブログ

NHKの語学番組の特徴と効果的な学習方法

NHKの語学番組を利用した外国語勉強法

NHKの語学番組で学習

昨年の秋に他業界から転職してきた駆け出しのユッチです。翻訳業界は初めてなので学ぶことばかりですが、先輩にいろいろと教えてもらいながら勉強しています。

翻訳会社に勤務していることを話すと外国語が堪能だと思われがちですが、自分自身は日常的なことを英語で話せる程度で、まだまだ勉強が必要なレベルです。もっと英語を勉強して海外の仕事もよりスムーズに進められるようになりたいですし、さまざまな言語に触れられる環境にいるので、他の言語についても知っていきたいと思っています。そのためにはどんな勉強をすればいいのかと先輩に相談してみたところ、「NHKの語学番組がいいよ」と教えてくれました。NHKの語学番組は学生の頃にもすすめられたのですが、興味があまり持てずに利用しませんでした。でも、最近は番組の内容やレベルも工夫されていて、おもしろくなっているそうです。そこで、NHKの語学番組について調べてみました。

低コスト、興味やレベルに合わせて選べる

英会話教室に行こうと思うと費用がちょっと気になります。NHKの語学番組なら、テレビやラジオ、PC、スマホなどがあれば、あとはテキスト代のみ。気楽に始められるのが良いですね。

自分の興味やレベルに合うかも気になるところです。NHKの英語の番組リストを見てみると、基礎の英語だけでなく、ニュースやビジネス、英会話、リスニング、英語で読む文学など、なんともバラエティ豊かで楽しそう! レベルも英語入門レベルからビジネス上級まであるので、自分に合ったものを選べそうです。テキストを使用しなければ、いくつ視聴しても費用がかからないのもお得です。

短時間でまとまった内容

NHKの語学番組の特徴は、何と言っても短時間でポイントを絞った学習ができることだと思います。10分から30分くらいの番組の中で、覚えたい表現や文法、発音、さらには関連表現や文化的な背景なども知ることができる内容になっています。バランスよくコンパクトにまとまった内容は魅力的ですね。

試しに、『入門ビジネス英語』を聴いてみました。まずその日の表現の説明があって、ダイアローグ(対話形式)で使い方を理解します。ダイアローグごとに発音練習もあり、3種類用意されているので表現の使い方がわかりやすかったです。さらに応用例や、書き言葉として使う場合の注意点の説明もあり、実際の仕事で使えそうな部分は思わずメモをしました。3つのダイアローグをもう一度聴いて発音した後、ネイティブの講師がその日の表現に関するエピソードを話してくれます。聞き取るのが難しかったですが、日本人の講師が簡単に説明してくれたので、実際にビジネスの現場でその表現を使った話だとわかりました。「もっとネイティブの発音が聞き取れるようになりたい!」と思った瞬間でした。たったの15分の放送でしたが、発音練習や聞き取りもできて、しっかり勉強した気分になれました。

視聴し続ける環境を作って継続したい!

語学には継続が大切とわかってはいても、なかなか続きません。続けるために、まずは学習する時間やスタイルを決めることが大事です。私の場合はリアルタイムの放送を視聴するのは難しそうなため、ストリーミングを中心にして、通勤時間を勉強時間にしたいと思います。待ち時間やすきま時間も利用して、少しでも勉強の時間を毎日取れるようにしたいです。

できるときはリアルタイムの視聴も取り入れながらコツコツ続けることを目標にします。1日にひとつの表現を覚えるとして、毎日続ければ1年で365個! 焦らず、休まず続けていきます!

まとめ

実は以前からNHKの語学番組の存在は知っていましたが、内容まではよく知りませんでした。地味な印象を持っていましたが、バラエティに富んでいて、さまざまなレベルに合わせた番組が揃っていることがわかりました。実際に聴いてみて、内容がコンパクトにバランスよくまとまっていて、学習するポイントがはっきりしている点も良いと感じました。PCやスマホなどがあれば、簡単に空き時間などを利用して学習できるし、充実感も持てそうです。費用もほとんどかからないので、すぐに始められるのもポイントです。英語以外の番組も試してみようかと計画中です!

お問い合わせ

翻訳サービスについてのお問い合わせはこちら

関連サービス

このページの先頭に戻る