技術系仕様書、翻訳の質が開発スピードを左右する!?│翻訳会社ブログ

開発スピードを左右する技術系仕様書の翻訳の特徴

技術系仕様書、翻訳の質が開発スピードを左右する!?

技術系仕様書の翻訳

グローバルな仕事に憧れて翻訳業界に飛び込んだ入社2年目のヨッシーです。入社以来、日々の発見と勉強を通して翻訳の奥深さを実感しています。

技術系仕様書の翻訳は、分量の多さや短納期であることが特徴です。そんな専門性が高い技術系仕様書の翻訳について調べてみました。

仕様書翻訳の必要性と特徴について

自動車メーカーを例に挙げた場合、製品に使用するスプリングやネジ、パネルなど、あらゆる部品の材質や寸法をはじめとした細かい仕様が、全て仕様書に表記されています。仕様書は、製品やサービスの開発、製造、運用の要ともいえる重要なものです。

例えば、国内メーカーが海外拠点で製品を製造する場合は、製品仕様書を英訳する必要があります。逆に、海外メーカーからシステムを導入する場合は、運用にあたっての仕様書を和訳しなければなりません。

また、仕様書の特徴のひとつとして、既存の製品の改変に合わせて、仕様書にもその改訂をタイムリーに反映させる必要があります。仕様書の翻訳には、開発スピードをスローダウンさせることのない迅速な対応が求められるのです。

仕様書翻訳のスピードと質が開発進行を左右する

ソフトウェアの場合、仕様書の段階で発見された不備を是正するコストと、運用段階に入ってから発見された不備を是正するコストを比べると、200倍の差が出るという説があります。もし仕様書の翻訳の段階で誤訳が発生し、そのまま運用に至ってしまったら......と考えれば、仕様書の翻訳の重要性が実感できますね。

仕様書の翻訳にかかる時間はチームの開発スピードに加算されますが、翻訳のスピードを優先して質が落ちれば、結果的には開発スピードが遅れることにつながります。質を保ちながらスピードも落とさない翻訳が求められるのだと、改めてその重要性を感じました。

迅速な仕様書翻訳のポイントとは?

大量の文章を短期間で翻訳することが求められる仕様書の翻訳には、翻訳支援ツールの使用が効果的です。特に既存の仕様書を改訂する場合は、翻訳支援ツールで改変にともなう翻訳箇所のみをピックアップすることで、翻訳ボリュームがダウンします。メモリサーバー上なら、複数の翻訳者が作業をしても用語が統一され、原版、改訂版内での訳ブレも回避することができます。

また、業界にもよりますが、工学的知識や技術翻訳経験が豊富な翻訳者の選定も、高品質な翻訳の鍵となるようです。翻訳会社を選定する場合は、過去の実績なども参考にしていただくのがよいと思います。

高品質な翻訳で開発スピードを後押し

製品やサービスの開発において、仕様書の翻訳作業はそのプロセスの一端を担います。翻訳支援ツールなどを効果的に利用するのは、作業時間を短縮させるだけでなく、質を維持するためでもあります。スピーディーな対応と高品質な翻訳を心掛け、開発チームを後押しすることが、技術系仕様書の翻訳において大切だと思いました。

関連サービス

このページの先頭に戻る