広告文を書くためのポイントについて調べました│翻訳会社ブログ

売れる広告文を書くポイント

広告文を書くためのポイントについて調べました

広告文のポイント

昨年の秋に他業界から転職してきた駆け出しのユッチです。翻訳業界は初めてなので学ぶことばかりですが、先輩にいろいろと教えてもらいながら勉強しています。

新聞広告、ネット広告、チラシなど、広告文を目にしない日はありません。しかし、この業界に入るまで広告文は読むだけで、どのように書かれているかを考えたこともありませんでした。先日、広告文の翻訳の案件を担当して、初めて広告文の難しさやほかの文章との違いを意識しました。顧客との関係の第一歩にもなる広告文は、読んでもらって製品やサービスを売ることが目的です。興味が湧いてきたので、広告文を書くためのポイントを調べて、まとめてみました!

顧客の悩みや困りごと、願望を把握する

調べてみたところ、ものやサービスを売るためには、まず顧客の持つ悩みや困っていること、「こうなりたい!」という願望を知ることが欠かせないそうです。人は悩みを解決したい、あるいは願望を実現したいと思って何かを買うからです。ターゲットである顧客の年齢層や性別の比率、そして、どんな特徴があり、どんなことに関心を持ち、どんなことで悩んでいるかをしっかりとつかんでおくことがポイントになるようです。これが顧客の関心を引くための鍵になるのですね。

また、当然のことですが、自社が売ろうとしている製品、サービスの機能や特徴を熟知することも大切だそうです。今までの製品と何が違い、どこが優れているのか、特徴をしっかり把握します。そして、すでにつかんだ顧客のニーズを、その製品やサービスがどのように満たすことができるのかを考えることが重要だそうです。

思わず読みたくなるキャッチコピー!

良いキャッチコピーには「おおっ!」と思わせるフレーズ入っていることが多いですよね。広告文のキャッチコピーに当たり前のことしか書いていなければ、顧客はそこで読むのをやめてしまうと思います。読んでもらうためには、顧客のニーズに絡めた「おおっ!」と思わせるフレーズを考えないといけませんのかも知れません。

例えば、数字は顧客の目を引くために有効みたいです。単に「TOEICの点数が必ず上がる」と書いてある広告よりも、「TOEICの点数が100点上がる」と書いてある広告のほうが、読んでみようという気になるのではないでしょうか。「1日5分の運動で1カ月5キロやせる方法」などのように、数字とメリットの組み合わせも効果的かも知れません。

ほかにも、何かを対比させたり、顧客の悩みを刺激するような問いかけを使ったりする方法があるようです。私の場合は、「今の英語力で満足ですか?」、「10年後の自分の健康に自信が持てますか?」などと書かれている本を見つけると、つい手が伸びてしまいます。

具体的なイメージが購買意欲につながる?

キャッチコピーで顧客の関心を引いたら、その製品やサービスによって顧客の悩みがどのように解決されるかを説明することが効果的だそうです。なぜなら、顧客が欲しいのは、悩みが解決されたり願望が達成されたりすることで得られる、よりよい自分やより快適な生活だからです。得られるメリットを具体的に説明することが大切なのですね。

しかし、メリットを説明するだけでは、なかなか具体的に悩みが解決するイメージを持ってもらえないこともあるみたいです。顧客自身が、自分の悩みや願望をはっきりと自覚していないことがあるからです。

そこで、広告文のなかで悩みや願望を掘り下げて浮き彫りにし、普段はなるべく考えないようにしていることを、痛いぐらいに再認識してもらうことが効果的だというのです。そのうえで、売りたい製品やサービスによってよりよい自分や快適な生活が実現することを、具体例を交えて説明していくことが、「買いたい」という気持ちにつながっていくようです。

広告文は顧客になりきって!

広告文やセールスレターでは、顧客の悩みや願望などのニーズをしっかりと把握しておくことが大切だということが分かりました。つい製品やサービスの特徴や性能のよさを強調したくなりますが、それだけでは顧客は関心を持ってくれないこともあるみたいです。顧客のニーズを刺激するようなキャッチコピーで関心を引き、本文でニーズを強く再認識させて、それが解決される具体的なイメージが持てるような説明を展開していくことがポイントなのですね。このようなことを意識しながら、自分が欲しいと思った製品やサービスの広告文を読んでみるのも勉強になりそうですね。

お問い合わせ

翻訳サービスについてのお問い合わせはこちら

関連サービス

このページの先頭に戻る