世界は広い!全く英語が通じない場所もある?│翻訳会社ブログ

世界は広い!全く英語が通じない場所もある?

世界は広い!全く英語が通じない場所もある?

英語圏以外への旅行

海外旅行に行く際には英語をある程度勉強してから行くという人も多いのではないでしょうか。一方で英語以外を母語としている国々も世界にはたくさんあり、中には全く英語が通じないという場所も少なくないようです。

実際のところはどうなのかアンケートを取って聞いてみました。

【質問】

英語が全く通じない国に旅行にいったことはありますか?

【回答数】

ない:75
ある:25

片言ならば通じる国がかなり多い?

75人が【ない】と回答しました。

  • フランスは行ったことあるけどなんだかんだ英語が通じた。英語の通じない国を探すほうが難しそうですね。(20代/女性/専業主婦)
  • ヨーロッパ、アジア圏など色々と旅行してきましたが、英語は話さないといわれている国でも観光地として外国人が訪れているような先進国であれば、だいたい英語を話していました。(20代/女性/会社員)
  • フランス語圏などでも観光地やホテルでは多少は英語も通じたので、全く通じなかった経験はない。(40代/女性/専業主婦)

英語圏以外の場所であってもお互いに片言でもよいというレベルであれば多くの地域で共通語として使うことができるようですね。リゾート地などは多くの観光客を見越しているためか観光地周辺では英語が問題なく使えるという事も多いようです。海外からの来客が多い地域であれば、母国語が別であっても英語が通じればお互いに楽であるという側面はあるみたいです。

その一方で全く英語を使わない国も

25人は【ある】と回答しました。

  • ドイツへ行ったことがあるが、英語が通じると思っていたのに、まったく通じなくてあせったことがある。(30代/女性/無職)
  • チェコの田舎で全く通じなく、何も分かり合えませんでした。現地の言葉のみでした。(20代/女性/自由業・フリーランス)
  • 中国の新疆ウイグル自治区では、英語どころか、中国語もあまり通じませんでした。(50代/女性/会社役員)
  • 英語が全く通じない国に旅行にいったことはあります、ニューカレドニアです、フランス語オンリーです。(30代/男性/会社員)

【ない】の回答で見られた観光地と逆にそれほど外からの来訪がない地域は現地の言葉のみという事も多いようです。ドイツやフランスなど単一言語であったり、母語とする人がかなりまとまっている場合にも、英語の必要性はかなり下がってきます。ウイグル自治区の例などは、国の共通語も通じないあたりが中央からの距離を感じることができますね。

旅行前にはあらかじめ必要言語を調べよう

英語は多くの国や観光地で使うことができる言葉ですが、すべての地域で通じるわけではないので目的とする場所に合わせて確認をしておくことが望ましいといえそうです。現地の言葉を覚えておくことや、英語であっても現地のアクセントについて把握しておくことでコミュニケーションはとりやすくなるでしょう。また旅行の目的地だけではなく、空港などの道中でも現地の言葉を話すことが必要になるシーンはあるので、旅行計画と同時に準備しておきたいですね。

  • 調査地域: 全国
  • 調査対象: 年齢不問・男女
  • 調査期間: 2015年07月01日~2015年07月15日
  • 有効回答数: 100サンプル

関連サービス

このページの先頭に戻る