日本の英語話者はかなり少ない...?│翻訳会社ブログ

日本の英語話者はかなり少ない...?

日本の英語話者はかなり少ない...?

英語

交通や通信の発達、留学者数の増加や企業のグローバル化の影響で日本においても英語の重要性はかなり高まってきています。義務教育を含めるとほとんどの人は英語を勉強した経験があるのではないでしょうか。一方で、日本人は英語が話せないと表現される事も少なくありません。

日本人は自分達が英語を使えないと考えているのでしょうか、気になるところですよね?そこでアンケートを取って聞いてみました。

【質問】

日本人は英語を話せる人が少ないと思いますか?

【回答数】

思う:83
思わない:17

特に会話などは弱いと考えられている日本人

【思う】と8割以上の人が回答しました。

  • 日本の英語教育のやり方ではとても話すことができないと思うので少ないです。(30代/女性/契約派遣社員)
  • 自分の周りには英語を話せる人が一人もいません。英語を話せる人は珍しいと思います。(20代/男性/会社員)
  • 日々英語を話していれば別だが、普通の勉強程度であれば喋れる人は少ないと思う。(20代/男性/大学生)
  • だからこそ、英会話が大事だと言って英会話スクールが流行っているのだと思います。通う人がいないとスクールは増えないので。(30代/女性/会社員)
  • 英語を話す機会、環境がないから、学生時代に習ったとしても話せる人は少ないと思う。(20代/女性/学生)

学校で英語を学ぶ場合には、読み書きが重視されているので会話はあまり重要ではないと考える人が多いようですね。一方的に情報を収集したり発信することと、言葉での意思疎通が必要な会話では別のスキルが求められるという事でしょうか。教育方針として英会話が重視されていないことや、日常的に英語を必要としないことが、日本人が会話に弱いと考えられている一つの要因なのかもしれません。

簡単な会話が可能な人ならそれなりに

【思わない】と回答した意見がこちらです。

  • ブロークンでもとりあえずの意思疎通だけならできる人は案外多いように思います。(50代/男性/士業(弁護士・会計士など)
  • 年上の世代だと英語を話せない人も多いかもしれないけど、若い世代では話せる人が増えてきていると思う。(20代/女性/専業主婦)
  • 意外と熟年の人の方が上手ですよね、カルチャーセンターおそるべし。(40代/女性/会社員)
  • ネイティブ並にと言われれば少ないだろうが、ディスイズアペンなどでも話せるといえると思うので。(30代/男性/無職)

年代などを問わず、簡単な英語ならば話せるという事が多いようです。しかし日常的に英語を話す環境がなく、普段使わないために流ちょうには扱えないという意見も多いようです。

どの程度出来ているのかという認識の違い

話せる人が少ないという回答では前提として流ちょうな英語があるように見えます。一方で話せると考える人は片言でも簡単な英語が使えるのかを判断材料にしています。簡単な英語は話せる人が多いですが流ちょうに話せる人はやはり少ないと思われているようですね。

今回のアンケート結果では半分以上の人が英語で話しかけてくる外国人に対して頑張って英語で対応するようですが、逃げてしまったり、構わず日本語で対応するという人も少なからずいるということがうかがえました。

  • 調査地域: 全国
  • 調査対象: 年齢不問・男女
  • 調査期間: 2015年07月01日~2015年07月15日
  • 有効回答数: 100サンプル

関連サービス

このページの先頭に戻る