砂漠から河川、火山まで! 多様な景観を擁する街・オレゴン州|翻訳会社ブログ

アメリカの州:オレゴン州について

砂漠から河川、火山まで! 多様な景観を擁する州・オレゴン州

こんにちは、最近洋画の字幕を見ながら英語の練習をしているナホです。

映画の世界に引き込まれるにつれ、ロケ地に行ってみたいという思いも強まるものですよね。 アメリカのオレゴン州は、洋画『スタンド・バイ・ミー』のロケ地としても有名な場所。砂漠から火山、河川まで多くの美しい景観を擁するこの州について調べてみました。

美しい景観で『グーニーズ』『スタンド・バイ・ミー』などのロケ地に

温帯雨林から砂漠まで、1つの州の中にさまざまな景観を擁するオレゴン州。西部の山脈部には火山が作った美しい丘や山が見られるほか、州内を縦横無尽に横切る川にはサケをはじめとする多様な生物が生息しています。

このような豊かな景観は映像を作るクリエイターからも支持され、映画やドラマの撮影にも多く使われました。たとえば、スティーヴン・スピルバーグが制作総指揮をつとめた『グーニーズ』のロケ地は北西部の町・アストリア。主人公が伝説の海賊が残した地図を見つけた自宅は現在もそのままの形で残され、観光地になっているのだとか。

このほか『スタンド・バイ・ミー』に出てきた「キャッスルロック」も、実はこの州にあるブラウンズビルという街。劇中のアットホームな雰囲気そのままの、のどかな風景が広がっています。 どちらの作品もグローバルにも人気を誇り、翻訳版の普及もあいまって日本でもおなじみの名作ですよね。

新しい政治的取り組みが始まる州としても有名

オレゴン州はリベラルと保守が入り交じる州として知られており、先進国としてはめずらしく直接民主制が採用されています。新しい政治的取り組みにも積極的で、ほかの地域にはない制度がこの州から始まることも多くありました。

なかでも有名なのは、国内ではじめて不在者投票を採用したこと。この勢いに乗って、1988年の住民投票では州の全域で郵送投票を義務化するまでになりました。現在でも郵送投票が唯一の投票手段とされているのは、オレゴン州のみです。

関連サービス

このページの先頭に戻る