高級ステーキが名物! 農業と畜産の地・ネブラスカ州|翻訳会社ブログ

アメリカの州:ネブラスカ州について

高級ステーキが名物! 農業と畜産の地・ネブラスカ州

こんにちは、週に1度はステーキを食べたいナホです。

高級ステーキには上質のお肉が必須ですが、アメリカのネブラスカ州の牛肉はとってもおいしいらしいんです。理由のひとつは、この州でとれたトウモロコシを食べて育っていることなんだとか。農業州としても知られるこの州の歴史について調べてみました。

「不毛の地」から「農業州」に急成長した理由って?

ネブラスカ州はアメリカ中西部に位置する州です。農業がさかんで特にトウモロコシや大豆の生産では国内トップを誇るこの州ですが、かつては乾燥した土壌から農業には不向きとされ、州内に流れるプラット川、ナイオブララ川、レパブリカン川などを使った運輸業のほうがさかんでした。

州名の「ネブラスカ」はプラット川の状態をあらわすネイティブ・アメリカンの言葉からきていると言われ、州章にも川を走る蒸気船がデザインされています。

その後も土壌は回復せず、大きな砂嵐に見舞われるなど天候にも恵まれなかったネブラスカ州は、従来の土壌頼みの農業から灌漑を中心とした科学的農業への転換をはかりました。もともと地下水が豊富だったこともあり、この作戦は大成功。みるみるうちに農地は増え、「農業州」とまで言われるような現在の地位を確立したのです。

良質の牛肉を使ったグルメも盛りだくさん!

ネブラスカ州は農業のほかに、牛や豚などの畜産がさかんな場所です。州でとれたトウモロコシをエサに育った牛の牛肉は質が良いとして、ステーキが名物になっています。

これらの肉を使った「ランザ」というサンドイッチも、州民たちの間で親しまれているのだそう。挽肉やタマネギなどを炒めたものをパンに挟んだピロシキのような食べ物で、ほかの州では見かけることがないこの州独自のグルメです。ネブラスカ州を訪れた際には、ぜひ食べてみたいですね。

東部のオマハは世界中の鉄道ファンが集う地

ネブラスカ州にある都市オマハは、アメリカ大陸横断鉄道敷設の拠点としても有名な地。 アメリカの端から端までをつなぐ鉄道を作るという目的のもと始まったこの鉄道の建設は、カリフォルニア州サクラメントから東へ向うルートとネブラスカ州オマハから西へ進むルートが同時に着工されました。そしてそれらが最終的につなぎ合わされたのが、このオマハだったのです。

オマハでこの一大事業の指揮をとったのが、鉄道ファンの間では有名な鉄道会社・ユニオン・パシフィック社。ここでは当時の工事の様子や現在では使われていない鉄道の模型が見られるとあって、アメリカのみならず世界中から多くの人が観光に訪れるそうです。

関連サービス

このページの先頭に戻る