高級肉と本格ジャズが楽しめる! 文化が行き交い発展する州・ミズーリ州|翻訳会社ブログ

アメリカの州:ミズーリ州について

高級肉と本格ジャズが楽しめる! 文化が行き交い発展する州・ミズーリ州

こんにちは、音楽とグルメが大好きなナホです。

アメリカのミズーリ州は、高級ステーキと本格ジャズが同時に楽しめる夢のような場所。世界中の人々の注目を集める2つの文化が根づいた背景について、調べてみました。

こだわりの肉料理が楽しめるグルメの街

古くから畜産で栄えてきたミズーリ州は高級ステーキでも有名な地で、英語では"cowtown(肉牛の町)"という別名があるほどなんです。州内のレストランで出されるステーキはショートロインという腰の部分の肉で、ステーキにもっとも適した部位。

ショートロインを使ったステーキは「ストリップ・ステーキ」と呼ばれ、ミズーリの名物になっています。カンザスシティの有名ステーキ店「ゴールデン・オックス」をはじめ州内の多数のお店で楽しめるので、これを目当てにミズーリを訪れる観光客もたくさんいるのだとか。

ミズーリ州はステーキのほかに独自のバーベキュースタイルを確立した地としても知られ、英語で"BBQ Capital of the World(世界のバーベキューの都)"とも呼ばれています。 カンザスにバーベキューの文化を最初に持ち込んだのは、19世紀後半に南部から移住してきたアフリカ系の人々。肉の加工技術にすぐれた彼らは生肉業を生業とするようになり、その結果安くて良質の肉を仕入れるルートが確保されていったのです。

ミズーリ州のバーベキューは、蜂蜜を加えたコクのあるソースを肉にすり込んで、低温でじっくりスモークするのが特徴。ヒッコリー材を使って長時間スモークするから、香りもよいのだそう。ソースの製法やスモークの方法にはお店ごとにこだわりがあるというから、観光に訪れた際にはいろいろなお店で食べ比べをするのもいいかもしれません。

独自のジャズ文化はお酒の力で花開いた!?

古くからナイトクラブでジャズが演奏され、才能あるジャズ・ミュージシャンが生まれてきたアメリカ。しかし1930年代には禁酒法によってクラブの経営が立ち行かなくなり、その流れが途絶えた時期もありました。

そんな情勢の中でもアルコールに寛容であり続けたミズーリ州は、当時ナイトクラブを自由に運営できる数少ない場所でした。ミュージシャンや音楽好きは自然とこの地に集まるようになり、「カンザスシティ・ジャズ」と呼ばれる独自の音楽文化が形成されていくことに。 グローバルにも人気を誇るジャズ・ミュージシャンのチャーリー・パーカーもこの州の出身で、幼い頃に聴いたカンザスシティ・ジャズに多大な影響を受けたのだとか。

このようなジャズ文化は音楽業界以外のクリエイターも魅了し、ミズーリ州出身の映画監督ロバート・アルトマンはカンザスシティ・ジャズの時代を描いた映画『カンザスシティ』を制作しました。この映画は日本語にも翻訳され、親しまれています。

関連サービス

このページの先頭に戻る