苦難を乗り越えて名曲を残した音楽家 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベン|翻訳会社ブログ

世界の著名人:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンについて

苦難を乗り越えて名曲を残した音楽家 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベン

こんにちは、週末は音楽を聴きにクラブやライブに繰り出すナホです。

音楽と言ってもさまざまなジャンルがありますが、クラシックピアノで誰にも親しまれている『エリーゼのために』の作曲家といえば、ベートーベンですね。恵まれない家庭環境や難聴など、いくども迫り来る苦難を乗り越えて名曲を生み出し続けた彼の生涯を追ってみました。

恵まれない家庭環境だった少年時代

1770年、ドイツに生まれたベートーベンの本名は「ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベン」。標準的なドイツ語では「ルートヴィヒ・ファン・ベートホーフェン」がもっとも近い発音ですが、日本人には発音しづらいためか、この発音が定着しています。

幼少期のベートーベンは、酒好きの父親に振り回される毎日だったと言われています。そのため収入も安定せず、母の死後は彼自身が一家の大黒柱に。家計を支えつつ幼い兄弟たちの面倒も見るという、忙しい生活を送っていました。

歌やピアノが上手なうえに整った顔立ちで、ベートーベンは近所でも評判の青年だったそう。ファッションにもこだわり、おしゃれだったという情報もあります。

作曲家としてのスタートと難聴の悲劇

16歳になったベートーベンは音楽の本場であるウィーンに行き、憧れの存在だったモーツァルトを訪問しました。しかし母の訃報により帰郷を余儀なくされ、結局弟子入りが叶うことはありませんでした。

その後ハイドンに弟子入りしたベートーベンでしたが、今度は父を亡くし、1人で兄弟たちの面倒を見ることに。ハイドンから学んだ作曲の技術を武器に『ピアノ三重奏曲』を発表し、音楽家としての一歩を踏み出します。

少し安定したかに見えたのもつかの間、28歳の時には難聴が始まります。症状は次第に悪化し、ついにはほとんど聴こえないように。追い詰められたベートーベンは、自殺まで考えたと言います。

苦難を乗り越え才能を開花させ続けた生涯

しかしこの最大の苦難が才能をさらに開花させたのか、彼は『田園』『エロイカ』『運命』などのグローバルにも知られる名曲を次々と発表します。 耳が聴こえない彼は、メトロノームを使って曲の速さを目で確認していたのだとか。才能があるばかりでなく、努力を怠らない人でもあったのですね。

ベートーベンの才覚は年を重ねても衰えることなく、名曲『エリーゼのために』は40歳の時に発表されたものです。

その頃は甥との関係に苦しんだり自殺未遂を起こしたりと悩み多い時期でしたが、交響曲第9番も、そんな苦悩の中で生まれたそうです。この交響曲第9番の歌詞は、英語や日本語などさまざまな国の言葉に翻訳されて広まりました。

関連サービス

このページの先頭に戻る