憧れの電子書籍の翻訳が身近に!│翻訳会社ブログ

新たな電子書籍翻訳のあり方

憧れの電子書籍の翻訳が身近に!

電子書籍の翻訳

これまで自分の書籍を翻訳できるのは、大きな成功を収めたベストセラー作家に限られていました。しかし、今日は電子媒体を使って誰でも自分の作品を出版できるようになり、それに伴って自費で書籍を外国語に翻訳する人も出てきています。こうした傾向は翻訳業界にどのような影響を与えるのでしょうか。

今回は、電子書籍翻訳の可能性について考察します。

電子書籍の翻訳に、コスト面での利点はあるのか

電子書籍の普及に伴い、多くの人が出版社を通さずに自分の作品を世に送り出すことが可能となりました。同時に、自分の作品を外国語に翻訳して、海外の読者を獲得できるようになったのです。

しかし、電子書籍出版の利点の一つがコストの低さといっても、その翻訳も安く済むわけではありません。媒体が何であれ、翻訳は人間の手によって行われるため、それにかかる翻訳料金は同じなのです。

その結果、自分の作品を翻訳できるのは、自費で翻訳の費用を賄える人に限られます。

電子書籍翻訳の間口を広げるために

作者に翻訳の費用を捻出することができなくても、電子書籍の中には質の高い作品がたくさんあります。そして、書籍翻訳の多くの場合、印税による支払方法が使用されるので、翻訳された作品の売り上げが良かったときは、翻訳者はそれに見合った報酬を得ることができます。

そんな作家と翻訳者双方のニーズに応えるため、"betting portal(翻訳オークション)"というシステムが提案されています。これは、翻訳者が、自分が翻訳したいと思う良作の翻訳権をオークション方式で買い取るというものです。このシステムを使えば、作家は翻訳のための予算が足りなくても著作を外国語で出版することができ、翻訳者は自分で見極めた良作の翻訳を手掛けることで印税収入を得ることができるようになります。

まとめ

電子書籍の需要が高まる今、企業の発行するドキュメントから文芸作品まで、幅広いマテリアルが電子媒体を通じて世へ送り出されており、そこには同時に電子書籍に特化した翻訳へのニーズも生まれています。電子書籍の翻訳には、紙媒体とは違った新しいタイプの翻訳サービスが必要とされているのです。

お問い合わせ

翻訳サービスについてのお問い合わせはこちら

関連サービス

このページの先頭に戻る