高品質な翻訳を生む、翻訳者のベストな選び方│翻訳会社ブログ

案件に応じた翻訳者の選定方法

高品質な翻訳を生む、翻訳者のベストな選び方

翻訳者とネイティブと選び方

翻訳された作品を読んだ際、「誰が翻訳したのだろう?」と思ったことはありませんか?

翻訳言語のネイティブ翻訳者が翻訳をすると、質の高い自然な文章表現の翻訳が生まれます。また、ときには日本人訳者による、日本語原文のより深い理解が必要なこともあります。

ケースバイケースでベストを求める、翻訳者選定のポイントを紹介しましょう。

案件ごとに、最適な翻訳者をピックアップ

まず重要なのは、翻訳言語とその分野です。なぜならば、翻訳者にも専門分野、得意分野があるからです。たとえば、医薬関連の日英翻訳や工業関係のスペイン語翻訳、契約書の英日翻訳などです。

また、英語にもアメリカ英語とイギリス英語があり、アメリカ人がイギリス英語を書こうとすると、やはり不自然さが生まれます。スペイン語の場合は、スペイン向けか中南米向けかによっても対応する訳者が変わってきますので、注意が必要です。

そして、翻訳スタイルにも個人差があります。文章として読みやすい意訳を得意とする翻訳者もいれば、できるかぎり原文に忠実に訳する翻訳者もいます。よって、翻訳に求めるスタイルや翻訳物の用途などを考慮して、案件ごとにベストな翻訳者を選定する必要があるのです。

日本人翻訳とネイティブ翻訳の違い

基本的に翻訳は、翻訳言語のネイティブ訳者による翻訳が望ましいとされています。つまり、日英翻訳の場合、日本語を理解する英語ネイティブ訳者が翻訳することで、自然で洗練された英訳に仕上がります。しかし、すべてのケースでネイティブ翻訳がよいとも限りません。たとえば、非常に専門性の高い内容や、伝統や文化に深くかかわる内容である場合は、日本語訳者による翻訳が望ましいでしょう。その場合は、ネイティブ翻訳者が校正を担当します。翻訳の内容のチェックにくわえ、より自然な表現、翻訳言語特有の言い回しに修正することで翻訳文が洗練されていきます。

良質な翻訳者の共通点

では、良質な翻訳者の条件とはどのようなものがあるでしょうか。質の高い翻訳を安定して提供できることはもちろん、「この訳者さんに任せれば安心」と思わせる共通点をあげてみましょう。

1. 連絡が取りやすい

仕事の打診に対して、対応可能かどうかの返信が早い。案件進行中の変更などにも迅速かつ柔軟に対応できる。

2. 時間厳守

自分の能力(スピード・キャパシティ)を過信していない。よって、ご法度の納期遅れがない。

3. 得意分野、専門分野が明確

契約書の英日翻訳が得意、リサーチが得意、など強みがはっきりしている。

ケースバイケースでベストな翻訳者の選定が、高品質な翻訳の第一歩となります。

ベストな翻訳者選定のために

翻訳者は案件ごとに選定されます。つまり、翻訳依頼時に、内容や用途、希望スタイルなどを明確に伝えることがとても重要です。それによって、星の数ほど存在する世界中の翻訳者の中から、ベストな翻訳者を導き出せるでしょう。

お問い合わせ

翻訳サービスについてのお問い合わせはこちら

関連サービス

このページの先頭に戻る

本サイト(www.arc-c.jp)は、快適にご利用いただくためにクッキー(Cookie)を使用しております。
Cookieの使用に同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。
なお本サイトのCookie使用については、「プライバシーポリシー」をご覧ください。