Webサイトのローカライズを成功させるための秘訣とは!?│翻訳会社ブログ

webサイトのローカライズのコツ

Webサイトのローカライズを成功させるための秘訣とは!?

Webサイトとローカライズ

Webサイトのローカライズの成功は、会社の販路拡大を達成させるための試金石といえます。そのため、会社の顔とも言えるWebサイトの翻訳が直訳で不自然な印象をあたえてしまうようなことがあれば、業績に大打撃をあたえることにもなりかねません。

それでは、サイトローカライズを成功させるためには、一体何が必要となるのでしょうか。今回はそうしたWebサイトのローカライズを成功させるための秘訣について紹介していきます。

クリエイティブな翻訳が顧客の心を掴む

日本語から英語への翻訳と聞くと、単純に言葉を変換する作業であるかように思われがちです。しかし、Webサイトをローカライズする際は、ターゲットの立場に立った「クリエイティブ」な翻訳が必要となります。

具体的には、ターゲットランゲージが使われている国の文化に配慮し、日本でしか通用しない言い回しを、現地で使われている近いニュアンスのフレーズに書き換えられるような高度な語彙力と感性が翻訳の質を決めるといっても過言ではありません。

ユーザビリティへの小さな配慮が大きな信頼へとつながる!

Webサイトのローカライズには、言語翻訳のほかにも気をつけなければいけないことがあります。

例えば、英語圏へのローカライズの場合、会社へのアクセスが書かれているページにはきちんと住所のところにJapanと表記されているでしょうか。また、空港や主要な駅からのアクセス方法が丁寧に紹介されているといないとでは、そのサイトを見る人の意識が大きく異なってきます。

同様に、電話番号に日本の国番号81が表記されているかどうかでも、問い合わせの件数に差が出る可能性も考えられます。

また、住所入力の際、日本と英語圏では入力の順番が真逆となるため、日本のサイトの入力フォームをそのまま利用した場合、大きな混乱を招くことにもなりかねません。

このように、webサイトのローカライズには、顧客の属している文化に対する多大な理解が必要とされるのです。

閲覧環境を意識した配慮も大切

日本でストレスなく閲覧できるWebサイトも、海外でも同様のスピードで見られるとは限りません。Flashを多用したサイトなども国によっては重すぎる場合もあります。画像や動画を多数使用したリッチコンテンツの制作には、通信環境への十分な配慮が必要です。より多くの環境での正常閲覧を目指したWebサイトの構築には、ターゲットのIT環境への理解やリサーチが重要だと言えるでしょう。

まとめ

Webサイトを上手くローカライズするには、単純に日本語をターゲットランゲージに置き換えるだけでは不十分であり、ターゲットランゲージが使われる土地の文化にも精通しておく必要があります。また、ユーザビリティの観点からも、顧客にとっては「外国」である日本の習慣を考慮することが、多くの需要を呼び込むための鍵となります。

お問い合わせ

翻訳サービスについてのお問い合わせはこちら

関連サービス

このページの先頭に戻る