選ばれる通訳会社の条件とは?│翻訳会社ブログ

通訳会社を選ぶ際、気をつけるべき通訳の質

選ばれる通訳会社の条件とは?

通訳者

グローバル化が進む中で、国境や文化をこえた交易が加速度的に増加しています。こうしたトレンドの中で大きな需要を秘めているのが、言語のエキスパートである通訳者の存在です。さらに、通訳者の能力というものはクライアントの目から見て、なかなか判断がつきにくく、通訳者の質を吟味することは難しいのかもしれません。そこで、今回は多くの人から選ばれる通訳会社が持つ条件について、通訳者に必須の資質とともに紹介していきます。


言語、そしてコミュニケーションのエキスパート

よく言われることですが、バイリンガルであるということと優れた通訳者であるということは別の問題であると認識しましょう。通訳者には、優れた言語感覚はもちろん、その場の雰囲気を読んでクライアントの言葉にできない思いまでを訳出する能力が必須となります。そのため、いくら語学力が優れたものであったとしてもコミュニケーション能力がなければ良い通訳者とは言えません。

ビジネスシーンにおける異文化理解

通訳者に求められるコミュニケーション能力には、ビジネスシーンにおける異文化理解能力も含まれています。たとえば、西洋のビジネススタイルとアジア圏でのそれでは、大きな違いがあり、しきたりや礼儀を重んじる私たちにとっては、異文化圏のビジネスパートナーとの交渉において戸惑いを感じる場面もあります。そうした際に、適宜言葉を補い、スムースな人間関係の構築に寄与するという役割をも通訳者が担っているのです。

優れた通訳者に求められるホスピタリティ

それでは、通訳会社を選ぶ際に、気をつけなければいけないことは何でしょうか。 まず、単に機械的に言葉を置き換えるのが通訳の仕事ではないということを理解しておく必要があります。

優れた通訳会社は、通訳の種類、通訳の対応言語などの条件に最適な通訳者を派遣することはもちろん、緊張感の高いビジネスシーンの中でも円滑にビジネスや商談を進められるような気遣いに満ちたサービスを心掛けています。事務的に言葉を訳すのではなく、ビジネスや文化的な背景を理解して通訳を行える通訳者が在籍していることが重要です。

通訳に付随するさまざまな業務をもカバーできる、コンシェルジュのような人材がいることが大切であると言えるでしょう。

まとめ

通訳会社を選ぶ際、気をつけるべきことは通訳の質です。たとえ多少コストがかさんだとしても、長い目で見て、安心して業務を遂行していくためには能力の高い通訳者が在籍する通訳会社を選ぶことがビジネスの成功へとつながります。

お問い合わせ

翻訳サービスについてのお問い合わせはこちら

関連サービス

このページの先頭に戻る