無料の翻訳サイト、どんな場面で使ってる?│翻訳会社ブログ

無料の翻訳サイト、どんな場面で使ってる?

無料の翻訳サイト、どんな場面で使ってる?

翻訳サイト

英文の意味がわからない時、翻訳サイトのお世話になっている人は少なくないのではないでしょうか。

意味不明な翻訳文になることもありますが、正しい翻訳の足掛かりにしたり、手っ取り早く知らない単語を調べたりと、使い方によっては重宝する場面も多々あるようです。

そこで、最近翻訳サイトを利用したのはどんな場面か、アンケートを取ってみました。

【質問】

直近で、無料の翻訳サイトを使ったタイミングはいつ?

【回答数】

書籍に知らない単語が出てきたとき:16
海外のWebサイトを見ていたとき:15
海外のテレビ、映画を見ていたとき:10
外国語のメールを送るとき:7
その他:52

単語がわからない!でも辞書を引くのも面倒

アンケートの結果、「書籍に知らない単語が出てきたとき」と答えた方が一番多い結果となりました。

  • 紙の辞書を持ち歩くわけにはいかないし、電子辞書も勉強しないときは使わないので翻訳アプリは重宝します。
  • 自分で辞書で調べなくていいので、時間も手間もかからずとても便利だと思いました。
  • 簡単に調べられることを知っていたので、英語の教科書を読んで単語がわからなかった時に。
  • 論文や書籍にわからない単語が出たとき,辞書的に使っています。
  • 本などを読んでいる時に、疑問に思う単語があったら、翻訳サイトを使えば直に解るので便利です。

「書籍に知らない単語が出てきたとき」と回答された方の内容からは、手軽だから、というニュアンスが多く見られました。英和辞典の場合は、例文も載っていて理解しやすいというメリットがある一方、やや面倒に感じている人が少なくないようです。詳細な意味を調べたいわけではなく、時間をかけずにサラっと知りたい時に、翻訳サイトが選ばれる傾向にあるのかもしれません。その影には、タブレットやスマホなど、モバイルデバイスの普及が影響している可能性もあります。

共通するのはプライベートでの利用

「海外のWebサイトを見ていたとき」が僅差で続き、次いで「海外のテレビ、映画を見ていたとき」の順となりました。

  • ネットで買物している時にはやはり無料の翻訳サイトを使ってレビューに何を書いてあるか気になるので。
  • 海外のスポーツのサイトを見ていて、わからない単語があったので。
  • 海外旅行の下調べとして、現地のローカルバスの時刻を調べたら、現地語でしか書いてなかったので。
  • 海外通販を利用したとき意味がよくわからない追加メールを発送元から送ってきたため返信メールを作成する時に使用した。
  • アプリなどのSNSとかで世界中の人とつながれて楽しいけど、外国語はまるでダメなのでよく使う。

「海外のWebサイトを見ていたとき」の回答では、その流れで翻訳サイトを使用する人が多いようです。パソコンあるいはスマホで完結しようというのは、ある種当然の行動とも考えられます。但し、仮に仕事中で、プライベートとは違い確実な翻訳が必要とされる状況であれば、別な結果になっていたのかもしれません。

その他では、「外国語のメールを送るとき」として、海外からの通販や、SNSでの外国人とのやりとりなどが理由としてあげられていますが、いずれもプライペードでの使用に限られているようです。

利用する側によるツールの使い分けこそが重要?

今回のアンケート結果から、無料の翻訳サイトを最近利用した場面として、書籍や海外のWebサイトを見ている時が多く、英文を詳細に翻訳したいというよりは、わからない単語を気軽に調べたいというのが本音のようです。モバイル端末の普及や、インターネットと接する機会が増えていることも、翻訳サイトに向かいやすくなっている原因の一つかもしれません。また、そのほとんどがプライベートに関するもので、仕事で翻訳サイトを参考にするという意見はあまり見られませんでした。

翻訳サイトだけに頼らず、辞書の利用なども含めて、利用する側が状況に応じて使い分けることが重要なのかもしれませんね。

  • 調査地域: 全国
  • 調査対象: 年齢不問・男女
  • 調査期間: 2015年02月10日~02月24日
  • 有効回答数: 100サンプル

関連サービス

このページの先頭に戻る