外国語のWebサイト、どんなときに活用している?│翻訳会社ブログ

外国語のWebサイト、どんなときに活用している?

外国語のWebサイト、どんなときに活用している?

外国語Webサイト

インターネットでなんでも調べられる今の時代、知りたいことがあればまず、Webで検索するという方も多いですよね。でもそんなとき、検索結果をクリックしたら外国語のWebサイトだった、なんてことも良くあるのではないでしょうか。言葉の分からない海外サイトでも、どうしても内容を確認したいと考える場合もあるかもしれません。

そこで、みなさんはどんな時に積極的に外国語のWebサイトを見ているのか、アンケートをとってみました。

【質問】

どんな時、外国語のWebサイトをみますか?

【回答数】

趣味の情報収集:48
インターネットショッピング:15
海外旅行の情報収集:13
仕事:11
その他:13

興味があることが大切!趣味についての情報収集に利用!

アンケートによると、趣味に関する情報収集の際に外国語のWebサイトを見るとの回答が一番多い結果となりました。

  • 基本的に海外の競馬の大レースとバスケットボールの情報収集のとき。自分の趣味の範疇なら何語でも読めそうな気がする(50代/男性/契約派遣社員)
  • 海外アーティストの情報が、日本語のメディアには取り上げられなかったり、遅かったり、間違っていることもあるからです。(30代/女性/自営業(個人事業主))
  • テレビのニュースで見た面白ニュースなどがもっと気になった時に、単語を記入して調べます。(20代/女性/学生)
  • 海外でしかやっていない番組や、芸能情報を見るときに使用します。(40代/女性/パートアルバイト)
  • 応援しているアーティストが日本人ではない場合に、地元の情報を得るために外国語のWebを見ます。(20代/女性/契約派遣社員)

好きな人、好きなことに関しての情報がなかなか入手できないとの声が多くありました。どうしても手に入れたい!との情熱があれば、外国語のWebサイトを利用する傾向にあるようです。また、興味が湧いた海外での出来事やニュースに関しては、日本語での情報量が少ないため、必然的に外国語のサイトを見ることになる、という回答も多くありました。その情報を知りたい!という強い関心や興味があれば、外国語だったとしても抵抗なく見ることができるようですね。

進んでは見ないけれど、必要に迫られて!

趣味に関する情報収集に続いて、次に多かったのはインターネットショッピング、次いで海外旅行の情報収集、そして仕事、となりました。

  • 海外のアマゾンでは、日本非売品の製品が沢山売られているので、よくチェックします。(40代/男性/自営業(個人事業主))
  • 自分が欲しいと思っているものが、日本のサイトになくて、海外のサイトでしか取り扱っていない時に見ます。(20代/女性/会社員)
  • 日本ではまだメジャーではない観光地へいく時に、日本のWebサイトだけでは情報が集まらないので、海外のサイトを見ます。(30代/女性/専業主婦主夫)
  • 自分から外国語のサイトを見ようとはしない。必要に迫られない(=仕事)と見ない。(30代/女性/契約派遣社員)

欲しい商品が日本で販売されていない、日本ではマイナーなので日本語のWebサイトだけでは情報収集ができない場合など、どうしても外国語のページを利用せざるを得ない場合に限って外国語のWebサイトを見る、という回答も多くみられました。また、仕事で必要となれば、避けるわけにもいかないですよね。関心があるのに情報が限られる場合は、言葉は分からなくても海外サイトを抵抗なく確認する様子がうかがえました。

情報収集には、外国語のWebサイトも欠かせないもの!

今回のアンケートでは、趣味の情報収集と回答した人が約半分いることが分かる結果となりました。外国語のWebサイトを読むことは、たしかに大変なことかもしれません。ただし、日本語の枠にとらわれず、外国語のWebサイトを見ることで、自分の興味を追求できたり、知識を深めたり、レアなアイテムをゲットできたりと、不便さよりも得るものの方が大きいと考えているようです。

外国語のWebページだったから、といって敬遠せず、情報の宝庫として積極的に活用してみれば、新たな世界を発見できるかもしれません。それに、言葉を理解し内容がしっかり分かれば更に関心も深くなるかもしれませんね。

  • 調査地域: 全国
  • 調査対象: 年齢不問・男女
  • 調査期間: 2015年02月10日~02月24日
  • 有効回答数: 100サンプル

関連サービス

このページの先頭に戻る