英文翻訳に必須!!分からない英単語を調べる方法は?│翻訳会社ブログ

英文翻訳に必須!!分からない英単語を調べる方法は?

英文翻訳に必須!!分からない英単語を調べる方法は?

翻訳サイト,英単語

学生であれば英語の授業で、社会人であれば業務などで英文の翻訳をする時に必要なのが辞書ですよね。辞書といっても、現代は従来の紙の辞書だけでなく、ネットやスマホなどでも英単語の意味を調べることができます。それぞれ特徴があるわけですが、多くの人はどの方法で英単語の意味を確認しているものなのでしょうか。

そこでアンケートを取り、選んだ理由を聞いてみました。

【質問】

英語を日本語に翻訳する際、知らない単語をどんな手段で調べていますか?

【回答数】

ネット上の翻訳サイトで調べる:55
紙の辞書で調べる:21
スマートフォンの翻訳アプリで調べる:12
電子辞書で調べる:10
その他:2

英単語を入力し即解決!ネット上の翻訳サイトの回答が半数以上!

アンケートによると、「ネット上の翻訳サイトで調べる」と回答した人が、半数以上で最も多い結果となりました。

  • 複数のサイトがあるのでいろんな解釈を見られるし、長文でも翻訳可能なので、ネット上の翻訳サイトを利用しています。(20代/女性/パートアルバイト)
  • 英語文に触れる時が、パソコン操作中が殆んどのため。翻訳サイトのウインドウを出しておいて、コピペで操作が簡単なため。(30代/男性/会社員)
  • ネット上の翻訳サイトだと、文章をまるまるコピーアンドペーストするとそのまま翻訳してくれるので辞書などとは違う便利さがあるからです。(20代/女性/学生)
  • ネットが便利でいいですけれど、正確性はどうなんでしょうねえ・・・(40代/女性/会社員)

ネット上の翻訳サイトは複数あり比較ができる、単語だけでなく長文も翻訳できて便利との声が多く聞かれました。ネット情報の正確性を心配する意見もありましたが、不安な場合は複数のサイトで確認しているようです。

翻訳などの仕事をパソコンで行っている場合は、複数のウインドウを出しコピーアンドペーストしているとの声もあり、簡単に早く調べている様子がうかがえます。ネット上の翻訳サイトを利用するのは、現代の仕事の仕方にマッチした方法として多くの人に受け入れられているようですね。

紙の辞書も根強い人気!一方でアプリや電子辞書を支持する人も!

次に多かったのが「紙の辞書で調べる」でした。「スマートフォンの翻訳アプリで調べる」、「電子辞書で調べる」の順となっています。

  • 昔から使い慣れているから。ネットで調べるよりも単語が覚えられる。(30代/女性/パートアルバイト)
  • 紙の辞書は電子辞書やネット上の翻訳サイトより細かく、丁寧に書かれています!例文もあるので参考にできるし、最近の紙の辞書は絵まで載っているから理解しやすいです!なので紙の辞書を使っています!(10代/女性/学生)
  • 翻訳サイトや紙の辞書も使いますが、アプリが一番手軽で利用頻度が高いです。履歴も残るので便利です(40代/女性/自由業・フリーランス)
  • 紙の辞書だと携帯が困難な事と、スマートフォンなどの場合、熟語について調べられないこともあるため、電子辞書を用いて調べるようにしている(20代/男性/学生)

紙の辞書は使い慣れているという人が多く、学生時代から使っていて馴染んでいたり親近感があるのかもしれませんね。また、紙の辞書の方がネットの翻訳サイトより詳しく書いてあり参考になるなど、支持する意見も見られました。

スマートフォンと回答した人では、いつでも持ち歩いているのですぐ調べられることや、履歴も残り便利との声がありました。電子辞書を推す人は、熟語など様々調べられる、ネット環境に関係なく使用できるなど利点をあげていました。それぞれの方法には特有の利点があるようですね。

大勢に受け入れられたネットの翻訳サイト!一方で個人の好みも

今回のアンケートでは、英単語を調べる方法としてネット上の翻訳サイトで調べるという人が、半数以上いることが分かる結果となりました。パソコンでの作業が一般化していることから、なおさら簡単に早く調べられるので多くの人に支持されているのでしょう。

それでも、慣れ親しんだ紙の辞書、スマホのアプリや電子辞書を使う人も多く、詳細を確認できるなどそれぞれ特徴があり、個々人の好みで使っている様子がうかがえました。

ツールとしてのネット上の翻訳サイトなど多くの方法は、今後も使いやすく変わっていくかもしれません。そうなれば、英単語を調べることなど、ますます便利になりますよね。

  • 調査地域: 全国
  • 調査対象: 年齢不問・男女
  • 調査期間: 2015年02月10日~02月24日
  • 有効回答数: 100サンプル

関連サービス

このページの先頭に戻る