英語を身につけたい!でも勉強にはお金も必要…妥当な費用は?│翻訳会社ブログ

英語を身につけたい!でも勉強にはお金も必要…妥当な費用は?

英語を身につけたい!でも勉強にはお金も必要...妥当な費用は?

英語力

キャリアアップや仕事に活かすために英語を身につけようと考えている人は多いはずです。また実際に英語学習に力を注いでいる人もいることでしょう。ただ英会話教室に通ったり、必要な教材を購入したりするためにはある程度費用もかかりますよね。

日常の中では様々な生活にかかわる必要経費がかかってくるはずですが、そんな中でどのくらいなら英語学習のために予算を充てることができるものなのでしょうか?ということでアンケートをとってみました。

【質問】

英語学習に一か月にいくらまでだったら出せますか?

【回答数】

~3000円:31
~1万円:31
~5000円:28
~2万円:8
それ以上:2

その気になればお金をかけずに勉強できる?内容との兼ね合いも...

アンケートでは3000円までという選択肢と1万円までという選択肢の2つが同数で最も多いという結果でした。

  • そこまでお金に余裕があるわけではないので、趣味の範囲内程度の金額なら出せます。(60代/男性/自由業・フリーランス)
  • 学習に必要なのは、「お金」ではなく「やる気」だと思います。目標も持たずにお金だけ掛けても、結局は学習が続かないと感じました。(30代/女性/無職)
  • 学ぶ気になれば、今なら動画サイトなどを利用してネイティブの英語に接することはいくらでも可能な時代なので、あまりお金を使う気になれないし、必要もなさそうです。(50代/男性/士業(弁護士・会計士など))
  • 他の習い事が1万円強だったので、それ以上は出せないです。自学もできるものなので。(20代/女性/自由業・フリーランス)
  • しっかりとした施設や環境で勉強が出来るのなら、一万円くらいまでなら出せるとおもいます。(20代/男性/パートアルバイト)

出せるのは3000円までぐらいという人の場合、収入との兼ね合いでそれほどお金をかけられないという事情もあるのでしょう。しかしそれだけではなく単純に金額だけではなくやる気があれば動画サイトなどお金をかけない方法もあるのでは?という意見も見られました。また1万円までくらいなら...という人にとってはちゃんとした勉強ができることと、かかる費用との兼ね合いを考えている様子が伺えます。

費用が高額すぎると続かない?質の良い授業なら高くても出せる?

アンケートの結果5000円までという人も比較的多いですが、2万円までやそれ以上の費用をかけることができるという人は少なくなるようです。

  • 自分で学ぼうと思えばタダでも出来るので、必ず習得できると確信出来るものなら5000円くらいまでならイイかなと思います。(30代/女性/会社員)
  • 内容にもよりますが、あまり高額すぎても長く続かないので(金銭的に)(20代/女性/契約派遣社員)
  • 無料で学べる方法もありますが、質のよいレッスンはこのくらい出しても惜しくないから。(50代/女性/会社員)
  • どうせなら話せるようになりたいからこの位出して、その分はやく英語をマスターしたいからです。(40代/女性/専業主婦)
  • 五万ぐらいでしゃべれるようになるなら、安いものだと思います。(30代/男性/会社員)

5000円までの選択肢を選んだ人の場合、3000円までという人と共通する意見も見られました。自分次第で費用をかけずに学習できるならそれほど高額なお金をかけない、またかけられないと考えることがあるのかもしれません。一方で数は減りますが、質の良い学習ができるのなら1万円を超える2万円までやそれ以上の費用を出しても構わないという意見も見られます。

自分にとって適した英語学習の方法を見つけることが大事!?

英語学習にかけられる費用に関してアンケートをとってみると、月1万円を超える金額を出すという人は少数派でした。もちろん質の良いレッスンを受けようと考えると高額になることはあるでしょうし、その分英語が身につくなら安いもの...という考えの人も見受けられます。しかし多くは家計のやりくりなども考えあわせ、出せる費用の妥協点を探しているのかもしれません。またその気になればお金をかけず自宅でも学べる方法もありそう、という意見も1万円までの各選択肢では多く見られました。人によって何を優先するかに違いはあるかもしれませんが、自分にとって最適な学習方法を見つけられればいいのではないでしょうか。

  • 調査地域: 全国
  • 調査対象: 年齢不問・男女
  • 調査期間: 2015年07月01日~2015年07月15日
  • 有効回答数: 100サンプル

関連サービス

このページの先頭に戻る