お問い合わせ

Close

お問い合わせ
お問い合わせ

英語で上手に「断る」表現いろいろ

英語で上手に「断る」表現いろいろ/decline, refuse, rejectの違い

こんにちは、ニールです。

最近は僕も毎日の仕事がめまぐるしくなってきました。日本での新しい知り合いや友達も増えました。
そのためすべてに時間をつくるのは大変になって、招待を断らないといけない時も時々あります。

夜に暇があっても、くたびれて出かけるよりソファーでポテトチップスを食べながら映画を観ることのほうが好ましいと思うこともあるのです。でも「断る」というのはとてもやりづらいことです。

そんな僕が思うところ、日本の人は『できるだけはっきりと断らないようにしている』と感じるので、日本人が英語で「お断り」を表現するのはもっと大変のように思います!

今回は英語で上手に断る表現をいろいろ学びましょう!

(English version for international readers will follow the Japanese content)

"I refuse!" は『そんなの、きっぱりとお断り!』

僕の英語の生徒さんは、友達とのランチについて話していたとき、

"She had invited me to lunch, but I refused, because I had other plans"
(彼女にランチに誘われたが、都合が悪かったので拒否した)
と語りました。僕はびっくりして

"Wasn't that a little mean, to flat-out refuse like that?"
(そんなににべもなく断るなんて少しキビしいんじゃありませんか?)

と反応しましたが、生徒さんは反対に、僕が「ひどい断り方をした」と思っていたことに結構びっくりしました。

英語で「断る」は3通りあります!

辞書で「断る」を引くと、次の3つの翻訳が出るはずです:decline, refuse, reject

この中でも "refuse" という言葉は、その招待(など)が全然興味を起こさせなくて、それゆえにその招待されたイベントなどにはきっぱりと関わりたくないような意図を出してしまいます。

何かのことがまったく無理だ、とか、不快な思いをしている、という場合も refuse になります。

たとえば、

"He asked to smoke in my living room, but I refused."
「彼は居間で喫煙できるかと聞いたが、私はきっぱり断った」
というような場合。

また、refuseは使う場面を間違えると、コミカルにすら聞こえる強い否定です。

"I refused when she offered me another cookie."
「彼女はもう一つクッキーを勧めたけど僕は断固として断った」

なんて言われたら、どうしてクッキーもう一枚をそんなに怖がるの、って僕は笑いながら思うかもしれません!

丁寧な順で:decline, refuse, reject

ここで文法的におさらいしておきましょう。

丁寧なお断りのしかたから、きついお断りの表現に向かって:decline, refuse, reject という順番になります。使い方も違います。

先ほどの生徒さんが使うべきだったのは
"I declined (her invitation)"

もしどこかに誘われたのに忙しいので断るしかないとか、友達のうちでもお茶を勧められたが要らないので断ることは "decline" を使います。これはお誘いなどに "no" を言うなら最も丁寧な、適当な言葉です。
同じ意味で、よくネイティブに使われるのは "turn down" (an offer)。

"reject" というのは提案、アイディア、計画に対する "no" などに使われます。人に「ごめんなさい、あなたとはムリ」と断ったり、断られる場合にも使えます。

"The boss rejected my suggestion" 「上司は私の提案をはねつけた」。
"I got rejected by her" 「彼女に振られた」
"I was rejected at the first audition" 「最初のオーディションで不合格になった」
など。

今回のアドバイス

これから "No, thank you" と言わなければならない場面では、どれぐらいの気持ちで断りたいかを注意深く考えて、英語のネイティブの相手が「失礼」とか「無神経」などと思わないように適切に前述の3つの言葉から選んでください。

もう一度言います、

最も丁寧な言葉より:decline, refuse, reject という順番にです!

礼儀正しい日本人は相手に不快な思いなんかをさせるつもりはないのです!上手に言葉を選んで、それをうまく伝えてくださいね。

それともうひとつ。はっきり"No."と言うのがあまり得意でない日本の人たちにおすすめの表現に、もうちょっと弱めでカジュアル式のノーを意味する "Nope"(ノップ) があります。ぜひ使ってみてください!

英語を活かすお仕事は「アーク@キャリア」

アークコミュニケーションズでは、英語に関するお仕事をご紹介しています。正社員、派遣社員、紹介予定社員等、働き方のニーズに合わせたお仕事を随時ご紹介しているので、英語を活かすお仕事をお探しの方は「アーク@キャリア」より、お気軽にお問い合わせください。

アークコミュニケーションズの人材紹介サービス「アーク@キャリア」はこちら

I Refuse!

Now that my work is getting more demanding and erratic, and also the fact that I've met new friends and acquaintances, it can be difficult to find time for everyone and everything. So, of course, sometimes I have to hesitantly decline invitations. Or perhaps, I have some time that evening, but I'm exhausted and I'd rather just lie on my sofa watching a movie and scoffing a bag of potato chips! 「断る」is not always something that is easy to do; but, it seems, is not easy to express in English for Japanese people either!

If you looked up 「断る」in a dictionary, you would be given these three definitions: decline, refuse, reject. A regular student of mine once told me "She had invited me to lunch, but I refused, because I had other plans" 「彼女にランチに誘われたが、都合が悪かったので断った」. I suggested to my student "Wasn't that a little mean, to flat-out refuse like that?" 「あんなにきっぱり断るなんて少し厳しいじゃありませんか」, but she was shocked that I assumed she was being harsh at all. I explained to her that by "refusing" the invitation, it suggests that invitation was not appealing and, so, she didn't want to be a part of it. This was an extreme moment of clarity for my student.

What my student should have said was "I declined (her invitation)". When you are invited out but you're busy, or even when you are offered some tea but you don't want any, you decline. This is the most polite way to express how you said no to an offer. In the same sense, we can also "turn down" an offer. If something is difficult or uncomfortable for you to do, you are more likely to refuse it. "When he asked to smoke in my living room, I refused." 「彼は居間で喫煙できるかと聞いたら、私は断った」. We usually reject a plan or suggestion or proposal, etc. "The boss rejected my suggestion" 「上司は私の提案をはねつけた」, but we may also reject people. "I got rejected by her" 「彼女に振られた」, or "I was rejected at the first audition" 「最初のオーディションで不合格になった」。

So, from now on, when you think about how you had to say "No, thank you" to something, think also about how it made you feel to do so. Politeness is firmly ingrained into Japanese society and culture, so when you mention how you had to "断る" something in English, it's important to note that you don't want to come across as cold or insensitive to your listener. From most polite to most direct, as follows; decline, refuse, reject. If you tell me "I refused when she offered me another cookie", it may seem humorous that the cookie offended you so much!

Neill McKeever

関連サービス

派遣女子ナオミとアスリート優のダイエット塾
派遣女子会グルメブログ おいしい英語翻訳
未知しるべ~世界を旅するヤマ・ヨコのエッセイ~
翻訳と英語のお仕事情報サイト アーク@キャリア

本サイト(www.arc-c.jp)は、快適にご利用いただくためにクッキー(Cookie)を使用しております。
Cookieの使用に同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。
なお本サイトのCookie使用については、「プライバシーポリシー」をご覧ください。