"I envy you..." はドン引き!?/いいな~うらやましい!のネイティブ英語表現| 翻訳会社が送るニールのブログ『日本人だけのざんねんな英語・ボクが直します!』

いいな~うらやましい!のネイティブ英語表現

"I envy you..." はドン引き!?/いいな~うらやましい!のネイティブ英語表現

もし英語の勉強仲間があなたに「英語の試験でほとんど満点をとれた」と言ったらどう思いますか?「うらやましい~!」とリアクションとしたつもりで次の英語表現を使う日本の人がしばしば見うけられます。

"I envy you!"

'Envy' というのはちょっと...間違いとまでは言いません。しかしネイティブはこの表現をほとんど使いません。ちょっと重い感じがして良くないし、人によっては引くかもしれません。

今回は「うらやましい~!」って上手に言えるようになりましょう!

(English version for international readers will follow the Japanese content)

「ねたみ・そねみ」に近い 'envy'

日本の人がこの "I envy you!" という表現を使うようになったのはたぶん辞書で「うらやましい」を引いて、そこに書いてあった例文からだと思いますが、英語ネイティブは違う言い方を好みます。

'Envy' というのは、他のだれかのものを欲しい、うらやましい、というだけでなく、その対象となる人に悪意すら持っている、というもともとのニュアンスがあります。日本語でいう「ねたむ・そねむ」に近いと思います。

現代ではネイティブもここまで細かく意識はしませんが、それでも "I envy you!" は使わないほうがいい表現です。

愛情からの嫉妬心 'jealousy'

ほかに「うらやましい」を辞書で引くと出てくる英単語に 'jealousy' があります。英語ネイティブには "I envy you!" よりも "I'm jealous." という表現のほうが一般的です。 副詞の 'so' を付けて "I'm so jealous!' と表現することが多いです。

'Jealousy' というのは、もともとは恋愛感情でよく使われた言葉で、自分が持っているものが他のだれかに奪われるから嫉妬する、というニュアンスでした。「嫉妬・ジェラシー」のニュアンスです。

A: "Her husband bought her a new car for her birthday."「旦那さんが彼女の誕生日プレゼントに新しい車を買ったって。」
B: "Wow. I'm so jealous."「うわー!うらやましいわ!」

"I'm jealous of people who can learn a language so quickly."「あんなにはやく語学がうまくできるようになる人ってうらやましいな。」

ネイティブも混乱する 'envy' と 'jealousy'

面白いことに、もとの意味はともかく、今時はネイティブでも 'envy' と 'jealousy' の両方とも「他人のものを欲しがる」という意味だと思うようになってしまいました。

時代と共に意味も変わったので、ネイティブですらもとの意味を知らない場合は多いですが、しかしそれでも面と向かって "I envy you!" を言うネイティブはほとんどいません。この表現をつかってはダメだということもないのですが、ネイティブは "I'm jealous" と言うのでそれに倣うほうが無難だと思います。

無邪気にうらやむ 'lucky'

口語では「うらやましい」を表す表現が他にもあるので少し見ていきましょう。

まずは、相手の事情や状況はあなたにとってうらやましいけど、何のくったくもなく「わー、うらやましい」と表したい場合は 'lucky' をよく使います。

"You won a thousand dollars? You're so lucky!"「1000ドルに当たったの?いいなぁ!」
"You're lucky you don't have to travel far to work everyday."「職場まで遠くないのはうらやましいね。」

特に若者がよく使う 'cool', 'great', 'awesome'

A: "Kate just got a role in a Broadway musical!「ケートったらブロードウェーのミュージカルでの役をゲットしたらしい!」
B: "Really? That's so cool!"「マジで?いいなぁ!」

同じように使える例として 'great' や 'awesome' もあります。

A: "I got 820 points on my English test!"「英語の試験で820点だった!」
B: "That's awesome! I only got 560."「すごいね!俺は560点しか取れなかった。」

いかがでしたか? "I envy you!"は言われたほうがちょっと引きます。気を付けてください、代わりに今回覚えた表現を使ってくださいね!

Don't Envy Me!

How would you react if a fellow English learner told you that they had scored almost top marks in a difficult English test? There have been many occasions where I've heard Japanese people utter this phrase:
"I envy you"
This phrase is by no means a mistake; in fact, the meaning of 'envy' is correct in this kind of context. It's not the phrase that native speakers use, however, and the actual phrase we prefer has interesting origins.

The reason why "I envy you" is used by Japanese people is perhaps not so strange. There are two words that share a similar meaning - "envy" and "jealousy". The interesting thing is that the perception and understanding of 'jealousy' has been warped over time by native speakers. So what do these words mean? "Envy" is felt when someone else has something that you don't have, like when your friend is going off on holiday to Barbados. "Jealousy", however, originally means the fear of losing something or someone to someone else, e.g. a man who feels threatened that his girlfriend might be stolen by another man.

Despite this, native speakers have come to associate 'jealousy' as having the same meaning as 'envy'. So, the phrase you'll most commonly hear is "I'm jealous", often including the adverb 'so'.
A: "Her husband bought her a new car for her birthday."「旦那さんが彼女の誕生日プレゼントに新しい車を買ったって。」
B: "Wow. I'm so jealous."「うわー!うらやましいわ!」
"I'm jealous of people who can learn a language so quickly."「あんなにはやく語学がうまくできるようになる人ってうらやましいな。」
You probably won't hear native speakers say the phrase "I envy you", however. There isn't really any problem with this phrase; it's just that I've only heard non-native people use it! Therefore, I recommend sticking to the word 'jealous'.

There are other common ways that we express this feeling in spoken English, however, so let's have a look at those. First, we also use the word 'lucky' to positively describe another person's circumstance.
"You won a thousand dollars? You're so lucky!"「1000ドル当たったの?いいなぁ!」
"You're lucky you don't have to travel far to work everyday."「職場まで遠くないのはうらやましいね。」
Another common word used by younger generations is 'cool'. A: "Kate just got a role in a Broadway musical!「ケートったらブロードウェーのミュージカルでの役をゲットしたらしい!」
B: "Really? That's so cool!"「マジで?いいなぁ!」
Other words that can be used interchangeably are 'great' and 'awesome'.
A: "I got 820 points on my English test!"「英語の試験で820点だった!」
B: "That's awesome! I only got 560."「すごいね!俺は560点しか取れなかった。」

As the usage of 'jealousy' has changed over time, most native speakers are unaware of its original meaning. But, if the original meaning of 'jealousy' is the fear of losing something to someone else, does that mean it would it be appropriate to say "I'm jealous" in such a situation? In fact, no. That would just sound strange. So, what can we say? Let's say a man were worried that his girlfriend is becoming attracted to another man; he would probably feel emotions like worry and anger. Therefore, he might say:
"I'm worried that she's starting to fall for him."「彼女が彼を好きになっていないかと心配している。」
"I'm just angry that he would try something with her when he knows we're together."「彼は彼女が俺と付き合っているの知っているくせに、ナンパしようとするなんて、むかつくね。」

Neill McKeever

関連サービス

派遣女子ナオミとアスリート優のダイエット塾
派遣女子会グルメブログ おいしい英語翻訳
未知しるべ~世界を旅するヤマ・ヨコのエッセイ~
翻訳と英語のお仕事情報サイト アーク@キャリア
このページの先頭に戻る