英語ネイティブが怒る「失礼な断り方」って?/「No」を礼儀正しく丁寧に伝える手法 | 翻訳会社が送るニールのブログ『日本人だけのざんねんな英語・ボクが直します!』

「No」を礼儀正しく丁寧に伝える手法

英語ネイティブが怒る「失礼な断り方」って?/「No」を礼儀正しく丁寧に伝える手法

今日は色々な提案・申し出などをどうやったら上手く断れるか、基本的な表現を勉強していきます。

フォーマルな場面でもカジュアルな場面でも、提案やお誘いなどをいかに丁寧に丁重にお断りするかは大切な問題です。"Would you like some more tea?" のようなシンプルな申し出なら、こちらもシンプルに "No, thank you" などで十分ですが、より深い申し出をされた場合は "No, thank you" 相応しくないだけでなく、「冷たい・失礼」などと取られる可能性があります。相手の気に障るのは避けたいですよね。

英語ネイティブがどのように丁寧なお断りをするか、覚えておきましょう。

(English version for international readers will follow the Japanese content)

まずは「感謝」を表現しよう!

断る時は最初に感謝を表すのが一番です。相手が提案をしてくれたこと自体に感謝を表します。感謝の言葉として適当なのは "Thank you" です。カジュアルな話だったら "Thanks" でも構いません。
"Thank you for your generous offer, however I am unable to accept it at present."「寛大なお申し出をまことにありがとうございます。でも残念ながらお受けすることができません。」
"Thanks for inviting me to karaoke, but I need to get home to my family."「カラオケへ誘ってくれてありがとう。けど、すぐ家に帰らなといけない。」

ダメージを和らげる決まり文句

断る理由を説明するときは、"unfortunately"のような表現で始めることをお勧めします。
"Unfortunately, I will be out of town during that period." 「申し訳ないですが、その期間中は留守です。」
"I'm afraid I already made plans with my family."「残念ながらもう家族との予定があります。」
"Regrettably, I must decline your offer of employment in light of personal reasons."「あいにく一身上の都合によってジョブオファーを受けられなくなりました。」

このような転換語はいわゆるダメージを和らげるもので、これらを使えば断りの冷たさなどが消えます。

相手を思いやる断りの表現

"I would love to" という表現で始めるのも、とても思いやりのある言い方だと思います。
"I would love to consider your ideas further; however, we are currently focused finishing our current projects first."「あなたのアイデアは本当に面白いですが、今はこれまでの仕事を終わらせることに集中してください。」

同じような効果がある "I wish I could" というのがあります。
"I wish I could join you after work, but I'm swamped today."「参加できたらと思うけど、今日は仕事がめまぐるしくてなかなか終わらない。」

「都合が悪いからダメ」はNG

「その日は都合が悪いです」という返事でお断りを済ますのは、日本語では十分な説明なのかもしれませんが、英語では文化の違いから、あまりお勧めしません。単なる "I'm busy that day" のような返事だと、そっけなく聞こえるのです。相手が感じるのは、あなたは全く興味がないし、今後も応じる気持ちがない、というニュアンスです。

英語では相手に「どうして都合が悪いのか」を説明することが普通です。だけど、説明は簡単でいいんです。長く説明すれば言い訳めいて、何かと疑わしく聞こえるかもしれません。

もし相手の提案は興味をそそったけど都合が合わない場合。その提案自体は引き続き検討したいのなら、日程の変更などをお願いしましょう。
"Would it be possible to schedule a meeting for April 24th instead?"「その代わりにミーティングを4月24日に変更させていただけますか。」
"I'm free next weekend if you want to go bowling then."「来週末は空いているから、よかったらボーリングに行かない?」

もし提案の内容や条件を相談したいのなら次のように言えます。
"Your proposal sounds interesting, but there are some points I would like to discuss before considering anything further."「見込みがある提案ですが、まずはあるポイントを確認させていただければと思います。」
"I'd love to see a movie, but I'm not too keen on a musical..."「映画なら喜んで行きたいけど、ミュージカルだったらちょっとね...」

そっけない表現の断り方

ただし、はっきりとそっけなく断りたい時もあります。申し出などが「ムリ!」なものだったら理由なしで断ることができます。例えば:
"Thank you, but I'm afraid I'm not interested." 「すみません。ちょっと難しいです。」
誘いが嫌ならよりはっきりと断ってもいいと思います。

英語で断るときのマナー

まとめると、英語でうまく断れるようになるための工夫は次の3つです:
1. 相手の申し出へ感謝を表すこと
2. 簡潔に断りの理由を説明すること
3. 申し出に興味がある場合、代替や解決策を相談すること

それに、礼儀正しさ。一番大事な点は日本語・英語にかかわらず、これです!

How To Decline An Offer Politely

Whether in formal or informal situations, it's important to know how to appropriately turn down an offer. If it's a simple offer, e.g. "Would you like some more tea?", it's sufficient to answer with just "No, thank you". When the offer is more substantial, however, this response is insufficient and can be considered cold or rude, and you don't want to offend the person who is making the offer. Offers come in all varieties, so let's focus on common patterns for politely turning them down.

The best way to start declining an offer is to draw attention to the offer itself and show the speaker that you are grateful for their consideration. A common phrase to use, of course, is "Thank you". In more casual situations, "Thanks" is also appropriate.
"Thank you for your generous offer, however I am unable to accept it at present."「寛大なお申し出をまことにありがとうございます。でも残念ながらお受けすることができません。」
"Thanks for inviting me to karaoke, but I need to get home to my family."「カラオケへ誘ってくれてありがとう。けど、すぐ家に帰らなといけない。」
Starting with the phrase "I would love to" is a really kind way to start your message of rejection.
"I would love to consider your ideas further; however, we are currently focused finishing our current projects first."「あなたのアイデアは本当に面白いですが、今はこれまでの仕事を終わらせることに集中してください。」
In a similar manner, "I wish I could" is also polite and effective.
"I wish I could join you after work, but I'm swamped today."「参加できたらと思うけど、今日は仕事がめまぐるしくてなかなか終わらない。」

The next part is an important cultural point. While in Japanese it may be sufficient to use a phrase like "Tsugou ga warui", in English, a simple reply such as "I'm busy that day" is seen as blunt and tells the listener that you are not interested and that you never will be. We need to give reasons and make excuses in English as to why we cannot accept the offer. The reason should be kept simple, however; over-explaining may seem a little desperate and even suspicious.

When making your excuses, it's best to start with phrases such as "unfortunately".
"Unfortunately, I will be out of town during that period." 「申し訳ないですが、その期間中は留守です。」
"I'm afraid I already made plans with my family."「残念ながらもう家族との予定があります。」
"Regrettably, I must decline your offer of employment in light of personal reasons."「あいにく一身上の都合によってジョブオファーを受けられなくなりました。」
These phrases help to "soften the blow", so to speak, and without them your message can sound rather cold.
However, if the offer is unpleasant, it can be acceptable not to give a reason. For example:
"Thank you, but I'm afraid I'm not interested." 「すみません。ちょっと難しいです。」
Sometimes it's necessary to be more direct if the offer makes you uncomfortable.

It may be the case that you are interested in the offer, but the current conditions are not suitable. If you still want to consider the offer, then you could try to make arrangements to reschedule.
"Would it be possible to schedule a meeting for April 24th instead?"「その代わりにミーティングを4月24日に変更させていただけますか。」
"I'm free next weekend if you want to go bowling then."「来週末は空いているから、よかったらボーリングに行かない?」
Or perhaps, there are certain elements of the offer that you'd like to change or discuss further.
"Your proposal sounds interesting, but there are some points I would like to discuss before considering anything further."「見込みがある提案ですが、まずはあるポイントを確認させていただければと思います。」
"I'd love to see a movie, but I'm not too keen on a musical..."「映画なら喜んで行きたいけど、ミュージカルだったらちょっとね...」

The important steps to remember when turning down an offer:
1. Show your gratitude for the offer
2. Explain briefly why you cannot accept.
3. In the case of interest, offer an alternative or solution.
And most importantly, be polite!

Neill McKeever

関連サービス

派遣女子ナオミとアスリート優のダイエット塾
派遣女子会グルメブログ おいしい英語翻訳
未知しるべ~世界を旅するヤマ・ヨコのエッセイ~
翻訳と英語のお仕事情報サイト アーク@キャリア
このページの先頭に戻る