残念なカタカナ英語「ゴージャス」な「セレブ」と「タレント」| 翻訳会社が送るニールのブログ『日本人だけのざんねんな英語・ボクが直します!』

残念なカタカナ英語「ゴージャス」な「セレブ」と「タレント」

残念なカタカナ英語「ゴージャス」な「セレブ」と「タレント」

僕はまだ日本のタレントなどの有名人になれていません。特に名前を覚えるのが苦手です。テレビのバラエティー番組を観たら、MCなどの顔がわかっても名前が出てこないことが多いです。

ある日、生徒さんにこう聞かれました。
"Do you know Akashiya Sanma? He's a talent on TV." 「明石家さんまのこと知ってますか?テレビのタレントです。」

僕がこう答えました:
"What kind of talent does he have? Can he juggle with fire?"「どんな才能がありますか?炎で曲芸をするとか?」

(English version for international readers will follow the Japanese content)

'talent' は「芸能人」じゃない

英語で 'talent' というと、芸能人そのものを意味しません。むしろ、一生懸命に練習して得られる能力のことです。

芸能に関わることとも限りません。例えば、テレビに出てくる「8国語が話せる子供」などにも使います。
ですが、この場合 "She is a talent" とは言いません。

正しくは次のようです。
"She is talented."
"She has talent."

明石家さんまのような人は、いろいろな呼び方があります:
an entertainer, a TV personality, a celebrity

'Celebrity' というのは有名な、大好評のスターを指します。省略して 'celeb' とも言えます。

'celeb' は「セレブ」じゃない

僕が気づいたのは日本での「セレブ」の使い方です。有名でないけど暮らしぶりや身なりがセレブリティっぽい人を表すことが普通です。

しかし英語で 'celebrity' は 'celebrate' つまり「たたえる」からきた言葉ですので、お金持ちを意味する使い方は変です。「みんなから讃えられるひと」「有名人」が本来の意味です。

したがって、ブランド製品ばかりもっていても代官山のゴージャスな家に住んでいても、有名じゃないなら 'celeb' じゃないです!

'gorgeous' も間違って使いやすい

「ゴージャス」も日本の人がよく間違って使うカタカナ英語です。

本当は 'fancy' を使うべきシチュエーションに、つい 'gorgeous' と言ってしまう日本の人は多いです。日本でいう「ゴージャス」は豪華な、精巧なデザインや飾りを表すことが多く、英語ネイティブにとっては 'fancy' で置き換えられます。正しい例を見てみましょう。

"I wore a fancy tuxedo to my best friend's wedding."「友達のウエディングにはゴージャスなタキシードを着ました。」

"Since it was our anniversary, we went for a fancy meal."「結婚記念日だったからゴージャスな夕食を食べに行った。」

英語の 'gorgeous' は豪華さではなく「美しい」や「きれい」を意味します。

"She's gorgeous. I'm so jealous of her."
と言ったら、
「彼女お金持ちでゴージャスだよね。うらやましいな。」
ではなく、
「彼女すごい美人だよね。うらやましいな。」

という意味になります!

'fancy' の意味は英語でも変わってきた?

カタカナ英語の「ファンシー」は「かわいい」と近い意味だそうですね。ファンシーショップではハローキティのようなかわいいグッズが売っています。

どこかで英語の 'fancy' の意味が曖昧になってしまったようです。英語でもじつは 'fancy' の意味が変わった使い方があります。

'fancy dress' というイベントを知っていますか?もともとは、みんながおしゃれなイブニングウエアを着て豪華なパーティを行うことでした。最近は時代が変わるとともに、何でも自分の好きなコスチュームを着ることが出来るコスプレ・パーティになりました。

つまり、ゴリラ、芸能人、ドラえもん...本当に好きに選べます!
でも本当にゴリラは 'fancy' かな?!そこは疑問です。

Do You Know Your Talent?

I'm still getting to grips with famous Japanese people, especially their names, which are quite hard for me to remember. If I watch Japanese variety shows, I often recognise faces, but I usually can't attach a name to them. I was once asked:
"Do you know Akashiya Sanma? He's a talent on TV."
"What kind of talent does he have? Can he juggle with fire?"
In English, "talent" does not refer to a person, but to the special ability that that person has. So, if you see a child on TV who can speak eight languages fluently, you don't say "She is a talent". Instead, you may say:
"She is talented."
"She has talent."

As for people like Sanma, there are various terms to describe who he is: an entertainer, a TV personality, or a celebrity. A celebrity is a famous and well-liked person, much like Hollywood stars and pop musicians, also called "celeb" for short. I've come to understand that in Japan, the word "celeb" has also come to be used to describe someone who has the air of a celebrity, but may not be famous. This is not acceptable in English, as the meaning of celebrity comes from "celebrate", as in to admire and respect someone for their talents. So, just because you like in Daikanyama and wear brand-name clothes and drive a fancy car, it doesn't make you a celeb!

Speaking of fancy goods, I'd like to make my next point. Although they intend to say "fancy", many Japanese people mistakenly use "gorgeous". It can be embarrassing if you tell someone "You are gorgeous" without understanding the meaning in English! Usually the Japanese word "gorgeous" is translated to "fancy", which means elaborate in design or decoration, and usually expensive. You might hear the following:
"I wore a fancy tuxedo to my best friend's wedding."「友達のウエディングにはゴージャスなタキシードを着ました。」
"Since it was our anniversary, we went for a fancy meal."「結婚記念日だったからゴージャスな夕食を食べに行った。」
If you are talking about a person, however, you should say "stylish". "Gorgeous" in English means "beautiful", so "You are gorgeous" does not mean "You are stylish"!
"She's so gorgeous. I'm jealous of her."「彼女すごい美人だよね。うらやましいな。」

I've been told that "fancy" means "cute" in Japanese and that a "fancy shop" sells mostly cute goods and accessories. Somewhere the meaning possibly got blurred. In English, a similar phenomenon has happened. Originally, in English, 'fancy dress' denoted getting dressed up in elaborate costumes and attending a party or a ball. The meaning has deviated, as now fancy dress can often refer to wear any kind of costume, and not just elaborate ones. People may attend dressed as a gorilla or Doraemon. Anything goes!

Neill McKeever

関連サービス

派遣女子ナオミとアスリート優のダイエット塾
派遣女子会グルメブログ おいしい英語翻訳
未知しるべ~世界を旅するヤマ・ヨコのエッセイ~
翻訳と英語のお仕事情報サイト アーク@キャリア
このページの先頭に戻る