「待って!」に "Wait!" は失礼/ビジネス英語や日常英会話で「待ってください」| 翻訳会社が送るニールのブログ『日本人だけのざんねんな英語・ボクが直します!』

ビジネス英語や日常英会話で「待ってください」

「待って!」に "Wait!" は失礼/ビジネス英語や日常英会話で「待ってください」

"Do you have any hopes for the future?"「将来の希望なんかありますか。」

あなたが英語の先生にこう聞かれた、と想像しましょう。「ちょっと待ってください」ってどのように言ったほうがいいかなと悩んで、沈黙が続いて気まずくなりました!その結果、慌ててついこう言ってしまいます:

"Wait!" 「待てよ!」

(English version for international readers will follow the Japanese content)

「待って!」に "Wait!" は使わない

「待って!」と言おうとして "Wait!" と言ってしまう返事は僕も時々聞きますが、ネイティブスピーカーにとっては驚いてしまう表現です。とても失礼・もしくは子供っぽく聞こえるのです。僕が小さいころ、身体がまだ小さく母に追いつけなかったから、よく "Wait!" と言っていたことを思い出します!

"Please" をつけて "Please wait" のように言えばちゃんとした表現になるでしょうか?ネイティブは "Please wait" もあまり礼儀正しくない言い方だと感じてしまいます。

「ちょっと待ってください」"Just a moment" と "One moment"

「ちょっと待ってください」のように言うにはネイティブがよく使うのは "Just a moment" と "One moment" です。もっと礼儀正しく言うには 'please' を続けて言うことが多いです。

A: "Could I get one of your brochures?"「パンフレットを一枚いいですか?」
B: "Of course. One moment, please."「もちろんです。少々お待ちください。」

"Just a moment" は、カジュアルな場面で使ってもとても自然です。
"Do you want to play some cards?" 「トランプをする?」
"Sure. Just a sec while I finish the washing up."「いいよ。でも食器洗いが終わってないからもうちょっと待って。」

「ちょっと待って!」"Hold on" と "Hang on"

身近な人との会話でも "Wait!" というのは、なんだかせっかちのように思われるのでちょっと危険だと思います。それより無難な表現として "Hold on" や "Hang on" のほうが好まれます。
A: "Can I have a cookie?"「クッキーを一個食べていい?」
B: "Hold on. They're still quite hot."「ちょっと待って。まだ熱いから。」

ネイティブがよくするのはその表現の後ろに "a minute" 、 "a second" や "a sec" をつけることです。sec というのは second の省略で結構カジュアルな言い方です。
A: "Are you ready to go?"「準備大丈夫?」
B: "Hang on a minute. I haven't brushed my teeth yet."「歯を磨くからちょっと待ってね。」

「お待ちください」"I'll be right with you" と "Bear with (me)"

接客などのときは、"I'll be right with you" もしばしば聞こえます。
A: "I'd like to apply for a membership card."「メンバーカードを申し込みたいんですが。」
B: "Okay. Please have a seat and I'll be right with you."「かしこまりました。どうぞおかけになってください。少々お待ちください。」

他にも適当な表現は "Bear with (me)" です。
"Please bear with us while we try to find a solution."「問題の解決に到るまではもう少々お待ちください。」

「~するから待って」'while'

相手にその状況を説明しないといけない時、つまりなぜ相手を待たせるかというときには 'while' を使って説明しましょう。

(電話で)
A: "May I speak with Ms. Ingram, please?"「イングラムさんはいらっしゃいますか。」
B: "Certainly. Please hold while I transfer your call."「お電話ありがとうございます。お繋ぎしますので、そのままお待ち下さい。」

(チケット売り場で)
A: "Do you have any tickets left for Thursday's show?"「木曜日のショーのチケットがありますか。」
B: "One moment, please, while I check the availability."「確認いたしますので少々お待ちください。」

「えっとね」「なんだろう」"Let me think" と "Let me see"

最初に見た場面と同じように、あなたが英語で質問をされて返事するには少し考える時間をもらいたいのなら、もう一つの便利な "Let me think" や "Let me see" があります。「えっとね」や「なんだろう」に近いです。ぜひ使ってみてくださいね!じゃ、次にあなたへ質問をしたいと思います。

Can you remember the first book you ever read? 「初めて読んだ本を思い出せますか。」

"The first book? Hmm, let me think..."「初めて読んだの?えっとね...」

Wait A Minute!

"Do you have any hopes for the future?"「将来の希望なんかありますか。」
Your English teacher has just asked you this question. Although you've understood it, the answer is not so easy to form in English, so you need a moment to think. But, you don't know how to ask the teacher to do so, and now the moment of awkward silence is getting longer and longer, so you just panic and blurt out:
"Wait!"

I've had this response before on several occasions. I thought it was quite humorous, but it could catch a native speaker off guard as it can sound aggressive or childish. It reminded me of when I was very young and my little legs couldn't keep up with my mother's, so I often cried "Wait!". So, how can you make this phrase more appropriately polite? By saying "Please wait", right? Well, this is honestly not what native speakers say. Strangely, this still just doesn't have the required politeness and still sounds a little blunt.

Let's start with some more proper expressions. We commonly use "Just a moment" and "One moment" when asking someone to wait, usually followed by "please" to add politeness.
A: "Could I get one of your brochures?"「パンフレットを一枚いいですか?」
B: "Of course. One moment, please."「もちろんです。少々お待ちください。」
When attending to customers or guests, we also often use the phrase "I'll be right with you".
A: "I'd like to apply for a membership card."「メンバーカードを申し込みたいんですが。」
B: "Okay. Please have a seat and I'll be right with you."「かしこまりました。どうぞおかけになってください。少々お待ちください。」
Another suitable phrase is "Bear with (me)".
"Please bear with us while we try to find a solution."「問題の解決に到るまではもう少々お待ちください。」

When you need to explain the situation, as in why you are asking the listener to wait, you can connect your explanation with the word "while".
(on the telephone)
A: "May I speak with Ms. Ingram, please?"「イングラムさんはいらっしゃいますか。」
B: "Certainly. Please hold while I transfer your call."「お電話ありがとうございます。お繋ぎしますので、そのままお待ち下さい。」
(at the box office) A: "Do you have any tickets left for Thursday's show?"「木曜日のショーのチケットがありますか。」
B: "One moment, please, while I check the availability."「確認いたしますので少々お待ちください。」

Even in less formal situations, "Wait!" can be a risky phrase to use, as it can often suggest impatience. That's why we prefer to use safer phrases like "Hold on" or "Hang on".
A: "Can I have a cookie?"「クッキーを一個食べていい?」
B: "Hold on. They're still quite hot."「ちょっと待って。まだ熱いから。」
You can also add "a minute" or "a second", or even "a sec", which is a very casual contraction of "a second".
A: "Are you ready to go?"「準備大丈夫?」
B: "Hang on a minute. I haven't brushed my teeth yet."「歯を磨くからちょっと待ってね。」
Phrases like "just a moment" are also used in more casual conversation.
"Do you want to play some cards?" 「トランプをする?」
"Sure. Just a sec while I finish the washing up."「いいよ。でも食器洗いが終わってないからもうちょっと待って。」

As in the earlier scenario, it may be the case that you have been asked a question and you need some time to think. For this, you can always make use of the convenient phrases "Let me think" and "Let me see". So, now I have a question for you:
Can you remember the first book you ever read? 「初めて読んだ本を思い出せますか。」

"The first book? Hmm, let me think..."「初めて読んだの?えっとね...」

Neill McKeever

関連サービス

派遣女子ナオミとアスリート優のダイエット塾
派遣女子会グルメブログ おいしい英語翻訳
未知しるべ~世界を旅するヤマ・ヨコのエッセイ~
翻訳と英語のお仕事情報サイト アーク@キャリア
このページの先頭に戻る